Page: 1/113   >>
1年ぶりに、プラモデルワールドさん訪問(19年4月)〜おばさんが元気にやられてますよ!〜

 みなさんこんにちは。

 

 さて、少し前にウチのオクサマとポロ号で久々に大阪・京都方面に日帰りで出かけたワタクシ。

 

 大学時代に鉄道模型関係でお世話になっていた、京都市は伏見区にあるプラモデルワールドさん。1年前にもお邪魔しております。

 

 http://anzusan.jugem.jp/?day=20180415

 

 今回も前回に引き続き、訪問数日前に連絡し、店舗がオープンしていることを確認しての訪問です。

 

 ちなみに前回訪問時は建替えで更地になっていたイズミ伏見店さんは、ご覧の通り立派に復活。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_2474s.png

 

 

 そんなイズミさんから、プラモデルワールドさんはすぐそこ。

 

 

IMG_2486s.JPG

 

 

 おおっ、昨年と変わらずですね。

 

 

IMG_2487s.JPG

 

 

 おばさんもお元気で何より。1時間もお邪魔してしまい、色々とお話をしておりました。

 

 1年ぶりの訪問時の店内はこんな感じ。

 

 

IMG_2488s.JPG

 

 

 鉄道模型系はおかげ様で、ほとんどお買い上げいただいたようです。

 

 

IMG_2489s.JPG

 

 

IMG_2490s.JPG

 

 

 ディスプレイ用モジュールレイアウトは健在。

 

 

IMG_2509s.JPG

 

 

 展示されているガンプラや飛行機等のプラモデルが、昔なつかしの模型屋の雰囲気を醸し出してくれています。

 

 

IMG_2491s.JPG

 

 

IMG_2507s.JPG

 

 

 鉄道模型系は品薄になっていますが、プラモデル系はまだ色々あるようですよ。

 

 

IMG_2493s.JPG

 

 

IMG_2494s.JPG

 

 

IMG_2500s.JPG

 

 

IMG_2501s.JPG

 

 

IMG_2502s.JPG

 

 

IMG_2503s.JPG

 

 

IMG_2504s.JPG

 

 

IMG_2505s.JPG

 

 

 子供の頃通った、昔懐かしい雰囲気の模型屋さんに触れてみたいな、と思われたそこのアナタ。是非訪ねてみてください。

 

 なお、鉄道模型も取り扱いはされています。今後の発売予定品を中心に、欲しい品があれば相談されてみては。

 

 プラモデルワールドさんのデータは下の通り。

 

<プラモデルワールド>
・住所:京都市伏見区深草柴田屋敷町23−26
・電話:075−643−3693
・営業時間:13時頃〜19時頃(※但し、上記のとおりおばさん一人で切り盛りされておられますので、時間帯によっては閉めていることもあるそうです。訪問される場合は、事前連絡されることをお勧めします。)
・定休日:毎週木曜日
・アクセス:近鉄京都線伏見駅下車。駅北側のR24を渡ってすぐです。

 

 桜を訪ねて訪れた昨年は予想外の早咲きで散っていましたが、今回はまだ間に合いまして。お店前の公園に残されている市電を撮影しましたので、これを紹介しておしまいとします。

 

 

IMG_2480s.JPG

 

 

IMG_2485s.JPG

 

 

IMG_2527s.png

 

 

 それでは、また。

| irisno2 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岡山県北東端部にある、廃校舎を使ったほっこり食事処でジビエを頂く〜フレル食堂(岡山県西粟倉村)の巻〜

 みなさんこんにちは。

 

 昨日のホームゲームでは、徳島さん相手に見事逆転勝利をつかんだ我がファジアーノ岡山。「GWの頃までは、何とか負け越さないでもらえたらそれ以降楽しみが持てる。」と述べてきている次第ですが、この勝利で再び勝利数が敗北数を上回りまして(現在4勝3分3敗)一安心しているところ。次節の東京ヴェルディ戦もホームですし、連勝と行きたいところですね。

 

 さて。今春もあちらこちらオクサマとも出かけ、さらにはウワサでは1泊ソロツーを実施済だとかなんとかのirisno2さん。ブログアップが追い付いていませんが(汗)、なんとか頑張ってより多くのみなさんに情報提供をしたいと考えている今日この頃だとか。

 

 ということで少し前になりますが、我が岡山県の北東端にある西粟倉村のフレル食堂さんに行って来ました。

 

 このフレル食堂さん。平成11年度で廃校になった旧影石小学校校舎内にある食堂です。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_2352s.JPG

 

 

IMG_2355s.png

 

 

 この校舎が昔ながらの木造校舎でレトロ感満点。

 

 

IMG_2290s.JPG

 

 

 この校舎はご覧の通り大きく。

 

 

IMG_2347s.png

 

 

 フレル食堂さん以外にも店舗や事務所が入居しています。

 

 

IMG_2291s.JPG

 

 

IMG_2292s.JPG

 

 

 このような味のある建築を残して、地元のために有効活用しているのはとてもステキなことだと思います。

 

 校舎内に入ってみると。

 

 

IMG_2313s.JPG

 

 

 

IMG_2309s.JPG

 

 

 味があるねぇ。そして教務室の札がかかった部屋が。

 

 

IMG_2308s.JPG

 

 

IMG_2307s.JPG

 

 

 フレル食堂さんなのです。

 

 店内も学校感が程よい感じで残っていて、タイムスリップさせてくれるようです。

 

 

IMG_2299s.png

 

 

IMG_2303s.JPG

 

 

IMG_2304s.JPG

 

 

 こちらフレル食堂さんは、ウチのオクサマがジビエ料理を頂けるお店として発見。ジビエ定食が1,300円で頂けるのですが(19年4月現在)、2日前までに予約が必要。今回は急遽前日に伺うことになり、ダメ元で電話して聞いてみたところ、「1食だけなら用意できます。」とのことで予約して訪問したのでした。

 

 ちなみに、もう一食はこちらの日替定食をオーダー。

 

 

IMG_2297s.JPG

 

 

 隣県の鳥取県であがったお魚「ハタハタ」がメインのようです。

 

 そんな日替定食はこちら。

 

 

IMG_2319s.JPG

 

 

IMG_2325s.JPG

 

 

 このハタハタ、なかなか脂がのっていて美味しかったです。

 

 そして、お待ちかねのジビエ定食。

 

 

IMG_2329s.JPG

 

 

 メインのジビエは猪肉でした。

 

 

IMG_2331s.JPG

 

 

 しっかりと味があり、噛み応えのある肉で噛めば噛むほど味が出る感じ。味のテイストは違いますが、イメージは香川県でたまにお邪魔する骨付鳥の名店「一鶴」さんの親鳥的。

 

 他の地の物も美味しくいただけましたよ。

 

 

IMG_2332s.JPG

 

 

IMG_2333s.JPG

 

 

IMG_2335s.JPG

 

 

IMG_2336s.JPG

 

 

 何気に特に美味しかったのがこの汁。

 

 

IMG_2340s.JPG

 

 

 なかなかな逸品でしたよ。

 

 こちらの食堂、料理自体も美味しいですが、一番のウリは一人で切り盛りされている女性店主さんでしょう。

 

 予約問い合わせ時や実際の訪問時も、自然体でありながら丁寧な応対に感心しきり。校舎のほっこり感がさらにスパイスとなり、気持ちの良いひと時が過ごせることと思います。

 

 ちなみにご主人は木工作家さんのようで、彼の作品や、それ以外の作家さんの雑貨も扱っていたりします。

 

 

IMG_2301s.png

 

 

 夫婦そろってほっこりさせていただいた後、校庭の端っこにあった鉄棒のふもとには。

 

 

IMG_2348s.JPG

 

 

 つくしが元気に生えていましたよ。

 

 

IMG_2349s.JPG

 

 

 また季節が良い時に訪れたいものです。

 

 フレル食堂さんの情報は、検索エンジンで「フレル食堂」と入力すればすぐに出てきますのでご参照くださいませ。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩政先生の三作目「FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする」を読む

 みなさんこんにちは。

 

 今期のファジは、ここまで7試合が終わって3勝1分3敗で勝ち負けがイコール。今日は昼からホームで新潟戦ですが、以前も述べた通り、GW連戦くらいまではこのペースで何とか負け越さないように頑張ってもらって、新監督も新システムもがっちり馴染んできたら、そこから上向きで快進撃!となってもらえばよいなあ、と思っております。

 

 で。そんな中、先月下旬に発売された、敬愛すべき「先生」こと、元ファジキャプテンであり、日本代表キャップもある岩政大樹さんが出版されたこちらの書籍を発売前にネットで予約。発売日には手に入れました。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_2022s.png

 

 

 その待望の本はこちら。

 

 

IMG_2024s.JPG

 

 

 「FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする」です。

 

 先生を敬愛するワタクシ。当然第一弾の「PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法」は熟読、第二弾「ウィニング・ストーリー 一流サッカー選手・指導者の自己実現術」も当然拝見済。第一弾でその理路整然とした、分かりやすい論法に魅せられたワタクシは、今回の第三弾も楽しみにしておりました。

 

 で読んでみて。

 

 選手の立ち位置やシステム(選手の配置のことです)、さらには試合中の選手同士の駆け引きなど、選手経験やチームを指導した経験がないと分かりづらい、技術的なツボとなる部分をとても分かりやすく解説してくださっているのが一番印象的です。

 

 サッカーの試合解説で、「相手から消える動きが秀悦でしたね。」などと、それなりのレベルでのサッカーのプレー経験がないとそれが指す事柄がよく分からないワードが出てきたりしますが、それがどういったことなのか、がうまく理解できるのです。

 

 先生が大切にしている「ピッチレベルで、選手たちが、闘いに勝つために、何を考えてプレーしているかを考える。」ことを理解する好著であることは間違いありません。

 

 プレー経験が少ないサッカー通の方がより楽しい観戦に出会うための良書であることもそうですが、これからプレーの上達を志す、サッカープレーヤーにも強く勧めたい書籍です。

 

 本当に下手の横好きレベルですが、社会人になってフットサルをちょっとかじっていたワタクシ。フルコートの社会人草サッカーに助っ人として呼ばれたことがありまして。味方や相手には、中学高校でサッカープレー経験がある方がそれなりにいらっしゃる状況でした。そんな中、何故か前目(攻撃的)のポジションに入れられたワタクシ(笑)。

 

 偶然ですがこの本に書いている通り、少し遅れてゴール前に入っていき、守備側の選手の背中にポジショニングするだけで面白いようにマークが外れることに気づきまして。その動きを繰り返していたら、結果欲しい時に味方がセンタリング(パス)してくれるようになりまして。最後は怪しいヘディングで(笑)得点まですることができました。

 

 このことは先生がワレワレに伝えたいことの一つ。人間は後ろには目がありませんから、自身の前でボールと相手のボールの出し手と受け手を捉えていないと、守備対応がうまくいかない、ということ。

 

 ワタクシの体験談は少々単純ですが、こういった実際にプレーし体験しないと分かりづらい「サッカーのコツ」が色々手に入れられるのです。

 

 先生の経験談を基にした、独自の視点の第一弾。サッカー界の著名人に先生自らインタビューして、貴重な知識を引き出している第二弾。そして今回のピッチレベルでの技術論を理解させてくれる第三弾。

 

 やっぱり岩政大樹さん、タダモノではありませんよ。

 

 いずれファジを率いてほしいものです、ホントに。

 

 それでは、また。

 

| irisno2 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
道の駅はっとう(鳥取県八頭町)で桜とフルーツ三昧〜19.4.6現在、満開です!〜

 みなさんこんにちは。

 

 新年度が始まりましたが、ワタクシは転勤・異動なしでした。職場の主要メンバーも残留で一安心。今年度の入り、まずは落ち着いて仕事に励むことができそうです。

 

 さて、そんな中の昨日(19年4月6日(土))。オクサマのリクエストで岡山県西粟倉村にあるフレル食堂さんでランチをいただいた後に(フレル食堂さんについては別記事で触れる予定です)、お隣鳥取県まで足を延ばしてこちらに立ち寄ってみました。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_2376s.png

 

 

 鳥取市と姫路市を結ぶ主要国道R29沿いにある、鳥取県八頭町の道の駅はっとうさんです。

 

 実は今月末に以前ご紹介した「のんびりツーリング」を実施予定。その昼食会場に予定している若桜町のカフェを偵察する途中、見事に桜が咲いているのをオクサマが発見。若桜町でカフェ位置を確認した後立ち寄ったものです。

 

 

IMG_2357s.png

 

 

IMG_2358s.JPG

 

 

 今年の桜は開花後に比較的朝晩寒い日が続いたからか、少し長く楽しめますよね。

 

 ここは道の駅に隣接して公園がありまして、桜が楽しめるのです。

 

 

IMG_2363s.JPG

 

 

IMG_2365s.JPG

 

 

 ここの枝垂れ桜はソメイヨシノと開花時期が一緒の種類なのか、満開でした。

 

 

IMG_2362s.JPG

 

 

 兵庫県境に横たわる氷ノ山系の高い山はここ数日の寒波の影響か、山頂付近は雪を被っていました。

 

 

IMG_2364s.JPG

 

 

 今日は昨日の天気予報では雨でしたが、午前中は何とか持つようです。お近くにお住まいで、たまたまこの記事を見られている方が朝のお散歩次いでに是非。

 

 そしてここ旧八東町はフルーツの産地、ということで、この道の駅はフルーツ押し。カットフルーツが激安で、カットフルーツマニアのウチのオクサマは喜んでお買い上げです。

 

 

IMG_2368s.JPG

 

 

IMG_2371s.JPG

 

 

 二人でシェアしましたが、安かろう悪かろう、ということは全くなく、満足いくお味でした。

 

 梨が多く入っていて、「梨と言えば秋じゃろ。」と思っていたワタクシは少し不思議だったのですが、この道の駅にあるフルーツセンターのHPを帰宅後確認すると、梨の産地でもあるこちらの地区ではいろんな品種の梨を栽培しており、長い時期出荷することができるようですね。

 

 屋根付きスペースのネーミングを募集していたりとなかなか楽しいここ道の駅はっとうさん。

 

 

IMG_2375s.JPG

 

 

 桜が見れなくてもドライブ、ツーリングの途中に立ち寄られてみては、ですが。

 

 昨日は程よい人出感でしたし、まずは今年の桜を楽しみたい方で、近日中にこの辺りに行かれる用事がある方はおススメですよ。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新型YZF−R25(19モデル)慣らし運転任されました、の巻〜初心者ベテラン問わず、安全に楽しめる「プチレプリカ」〜

 みなさんこんにちは。

 

 この後別記事予定ですが、去る日曜日(3月17日)に今期ファジ初観戦にて初勝利を掴んでゴキゲンのirisno2でございます。

 

 そんなゴキゲンなワタクシにさらなる吉報がYSP岡山南さんからもたらされまして。

 

 話題の新型YZF−R25の試乗車が入庫した、とのこと。

 

 今回も、社長さんと店長さんに無理やり頼み込んでお願いされて(笑)、慣らし運転を行ってまいりました。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_2028s.JPG

 

 

 発進時確認でのメーターはこの通り。

 

 

IMG_2026s.JPG

 

 

 新車恒例の走行キロ3km。

 

 店長さんに見送られて、岡山の街中をスタートです。

 

 走り始めて旭川の土手に出るまで、桜橋辺りが渋滞しておりまして。ごく低速で1速を繋いだり離したり、といった感じだったのですが、ハンドルがいい意味で小刻みに振れてくれて車体が安定して走りやすかったのがまずファーストインプレッション。250ccですから、初めての普通免許のバイク、という方も多いと思います。これはおススメできるポイントかと。

 

 桜橋を渡り旭川左岸地区を毎度のごとく岡山港方向へ南下します。前のモデルも試乗をさせてもらっているのですが、

 

 http://anzusan.jugem.jp/?day=20150906

 

 http://anzusan.jugem.jp/?day=20150907

 

 この時とエンジンは変わっていないからか、ワタクシイチオシの、4000〜5000回転時の「コー」という「さあこれから行くぜっ!」と感じさせてくれる音は健在。そしてエンジン音そのものも適度に元気があっていい感じです。

 

 ちなみにパワーの出し方の味付けが、前のモデルと違うのではないか、と感じまして。前のモデルはこの「コー」の辺りまではあえて力を抑え、これを越えた辺りから「グワッ」とパワーが出ていたように記憶しているのですが、今回のモデルは前のR3に似た、回転域全域で比較的フラットにパワーを出す味付けのように感じました。前のR25は慣れるまで発進時のクラッチミートに気を遣っていたのですが、今回はそれを全く感じなかったのもそれが理由かと。

 

 なので、道が比較的混んでいた旭川土手で低回転で走っていても、違和感なく楽しく流すことができました。

 

 児島湾大橋の上りで低いギアで回してみて、楽しい音に嬉しくなるも、メーターを見ると全然安全域にとどまっていること確認。

 

 「やっぱ、R25はこうじゃなきゃね。家庭や仕事に責任を持つ、ジェントルな大人が安全に楽しめるマシンじゃなきゃ。」

 

 とご満悦なirisno2氏。その楽しい気分のまま、児島半島東側周回路へ。小串を過ぎて、毎度の貝殻山スカイラインに突入です。

 

 ワインディングでは、素直な旋回性を発揮し、ギアチェンジを繰り返して高回転域をなるべくキープして気分よく走ります。そして毎度の撮影ポイントに到着しました。

 

 

IMG_2036s.JPG

 

 

IMG_2031s.JPG

 

 

IMG_2032s.JPG

 

 

IMG_2033s.JPG

 

 

IMG_2035s.JPG

 

 

IMG_2047s.JPG

 

 

 今回のR25、R6なんかと似たデザインになっています。シャープさが前面に押し出されていた前のモデルと比べ、グラマラスでセクシーな造形になっているのではないかと感じました。大人に受けそうな「やり手感」は、今モデルの方が上なのでは?

 

 ワタクシはどう思うかって?

 

 やっぱり「デザインのヤマハ」、どちらもアリだと思っていますよ。

 

 なお、このYSP岡山南さんの試乗車には、こんなスペシャルなパーツが装着されておりまして。

 

 

IMG_2041s.JPG

 

 

IMG_2042s.JPG

 

 

 ヤマハ(ワイズギア)とサスメーカーのKYBが共同で開発した、R25用のリアサスが装着されているのです。

 

 工賃を含めれば、約10万円ほどするであろうこのリアサスの効用についても、後ほど触れていきます。

 

 動画も撮影したので、ご紹介いたしますよ。

 

 

 

 

 

 

 リスタートして早速リアサスの効果をてきめんにお尻で感じることができる、下りから登り返し右コーナーでギャップがある「ポンギャップポイント」を通過。サスが動きすぎることもなく、しっとりと衝撃を吸収。効用を感じることができました。

 

 ブレーキも当たりが取れてきて、いつものヤマハのしっかり効くブレーキで安心。楽しく走り、トイレ休憩時にもう一枚撮影しました。

 

 

IMG_2055s.JPG

 

 

 やっぱりセクシーじゃないですか。

 

 そして、ここから先はいつも紹介していますが、道幅が狭くなるクネクネツイスティの「疑似酷道険道エリア」。先ほど述べたしっかり効くブレーキと素直な旋回性で難なくクリア。

 

 

IMG_2057s.JPG

 

 

 あっさり難所を突破した後、玉野市に進入。峠を一つ抜け、ふるさとのエリアを通過して、これまた恒例のこちらの舗装林道へ。

 

 

IMG_2058s.JPG

 

 

 このホンモノの舗装林道を問題なくクリアし、王子が岳へ向け、ワインディングを駆け上がります。

 

 高回転域をキープする必要はありますが、上りも楽しいR25。王子が岳に到着です。

 

 

IMG_2061s.JPG

 

 

 ここのポイントは備讃瀬戸がとても美しく見えるポイント。地元出身のワタクシイチオシです。

 

 

IMG_2065s.JPG

 

 

 ここから倉敷市児島唐琴に向かってワインディングを駆け下ります。途中ヘアピンカーブが2か所あるのですが、これもしっかり効くブレーキできちんと減速できるため、安心して旋回体制に入ることができます。気持ちよくクリアした後は、児島市街地へ。信号待ちの際にも、最初に触れた「極低速域の優れた安定性」のおかげで、ふらつくこともなくすり抜けも問題なく行えました。

 

 児島ボートの横を抜け、鷲羽山周辺のクネクネツイスティに進入。ここでも楽しく走行できましたよ。

 

 

IMG_2066s.JPG

 

 

IMG_2075s.JPG

 

 

 そして、岡山県のバイク乗りなら誰でも知っているであろう、鷲羽山スカイラインに進入。

 

 山を抜ける気持ちの良い中高速よりのワインディングなのですが、鷲羽山側から進入すると上りが多いコースです。高回転まで回して音を中心に気分は盛り上がりますが、メーターを見るとほぼ安全圏内。

 

 「やっぱ、R25はこうじゃなきゃね。家庭や仕事に責任を持つ、ジェントルな大人が安全に楽しめるマシンじゃなきゃ。」

 

 とここでも感じ入る次第でありまして。

 

 気分よく走っていると、途中でこんな地点に遭遇。

 

 

IMG_2076s.JPG

 

 

IMG_2077s.JPG

 

 

 鷲羽山側からここまでは、昨年の豪雨被害から復旧していますが、ここから北側はまだ工事の最中。眺めとしては、この先が水島コンビナートが見えて最高なので、また復旧の日を心待ちにしたいと思います。

 

 r21に出て、水島ICに到達。ワタクシの慣らし運転恒例、高速道路も当然走ります。※店長さんの許可は受けています。

 

 

IMG_2079s.JPG

 

 

 料金所を通過し、加速開始。普段07号に乗っているので高速合流時は気を遣いましたが、各ギアでしっかり回し切って加速すれば問題ありません。

 

 当然ながら法定速度での巡行は全く持って問題なし。ちなみに瀬戸中央道の法定速度100km/hでは、6速で7000回転でした。高速道路での安定感はヤマハ車の美点の一つだと思っているのですが、前のR25での高速道路走行よりも、ラクになったような気がします。当然250ccなので、巡行時も高回転になることが多い訳ですが、音がより耳障りがよくなり、かつ車体の振動が抑えられているのかもしれません。

 

 高速道路走行での満足感も得て、早島ICで下車。R2バイパスを走り岡山市内へ再突入。お店近くのガススタで給油します。

 

 

IMG_2082s.JPG

 

 

 見れば見るほど、良さを感じるデザインですねぇ。

 

 そして、無事無事故無違反無店頭で、YSP岡山南さんに帰着。到着時のメーターはこちら。

 

 

IMG_2083s.JPG

 

 

 発進時が3kmでしたから、105km走ったことに。

 

 そして燃費は御覧の通り。

 

 

IMG_2084s.JPG

 

 

 100kmを3.2ℓのガソリンで走った、ということですから、31.25ℓ/kmということになりますね。

 

 そして、恒例の足つき写真もご紹介。撮影サンクス社長さん。

 

 

IMG_2085s.JPG

 

 

IMG_2086s.png

 

 

IMG_2087s.png

 

 

 ライダーのスペックは、毎度のごとく、身長171cm、体重75kg、股下80.5cmで、両足かかとまでしっかり接地します。

 

 なお、前のモデルと比べて前傾姿勢が若干きつくなっているそう。しかし、試乗がだいぶ前なのもあって記憶があいまいではありますが、そんなに言うほど違わないと感じました。

 

 この新型YZF−R25で一番気に入ったのは、やはり「ロッシ選手や中須賀選手になりきり、気分良く駆け抜けたとしても、未だ安全域に留まることができること。」です。このコンセプトは、前のモデルと同様か。素直な旋回性や適切なブレーキ性能に加え、程よく刺激的な音を味わいつつも、250ccですから、そこは安全なスポーツ走行を楽しむことができるわけです。やっぱヤマハはスポーツライクな味付けが上手いメーカーだと思います。ひいき目かもしれませんが(笑)。

 

 そこに今回はセクシーなデザインを与えることで、より大人が惹きつけられるモデルになりましたね。

 

 当然安全に乗れる、ということは、普通二輪免許デビューのバイク乗りの方々にもおススメできる、ということで。

 

 極低速での安定性や、クラッチミートでのエンスト危険性が軽減されている点も、初心者の方々には嬉しいポイントでしょう。

 

 高速道路走行でのストレスも軽減されており、これも美点の一つです。

 

 あ、ワイズギアとKYB共同開発のリアサスについても忘れちゃいけない!

 

 しっとりしていいリアサスだと思います。予算に余裕があれば、装着されてもいいでしょう。

 

 なかなかにステキな新型R25ですが、一つだけ弱点がありまして。

 

 純正のヒールガードについてです。これが鉄製のヒールガードで、グリップを高めるためか、少しザラついた表面処理がなされています。

 

 このブログを読んでくださっている方々はご承知の通り、ワタクシ以前はオフ車乗りでして。いわゆる「くるぶしグリップ」が癖になっています。SRなんかに似合う、オサレなバイク用革ブーツ(ペアスロープ社製のR−01など)を着用して、この「くるぶしグリップ」を多用すると、くるぶし部の革を痛める可能性があります。

 

 店長さんに聞いたところ、「前のR25のヒールガードも同じ素材ですね。」とのこと。気になる場合は、他社パーツでヒールガードが出ていますので、交換するのもテかと。ちなみに07号ヒールガードはアルミ製のツルっとした表面処理なので、ノープロブレムです。

 

 YSP岡山南さんでは、絶賛試乗中。ワタクシがシコタマ鞭を入れて走っているので、ブレーキの当たりとタイヤの皮むきは終わっております(笑)。

 

 興味のある方は是非YSP岡山南さんで試乗されてみては。

 

 それでは、また〜!

| irisno2 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
19年児島湖花回廊の河津桜を愛でる

 みなさんこんにちは。

 

 先週末のJ2第3節、我らがファジはアウェイで岐阜さんに1−2で敗れて現在1勝2敗。新監督、新システムなど、「新しいこと」を導入してる最中ですし、ゲーム内容も伝え聞くところでは悪くない様子なので、もうしばらく「勝ったり負けたり」で勝敗がイーブンペースで進んでいけば、連休くらいからいい感じになるのではないか、と思っています。それにしても、有馬新監督は色々引き出しをお持ちのようで。好感の持てる、応援したくなる人柄なのは政田で少しお話させていただいた時に感じているので、今後に期待したいです。

 

 さて、一昨日の3月11日のお昼休み、職場から07号ですぐの岡山市南区にある、岡南飛行場があるエリアに出かけ、10数年前からこの地区にある企業や地元が手を取り合って進めている、児島湖花回廊という企画で植えられている河津桜を見に行きました。

 

 平日だというのに、それなりの人出がありましたよ。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_1889s.JPG

 

 

 今年は暖冬の影響か、少し前には満開になっておりまして。今週末の桜まつりまで何とか持ってほしいな、と思うところです。

 

 岡南飛行場と渡り鳥撮影スポットとして有名な阿部池の間の土手が特に有名で、そちらで撮影しました。

 

 

IMG_1890s.png

 

 

 それにしても綺麗ですな。

 

 

IMG_1900s.JPG

 

 

IMG_1932s.JPG

 

 

 動画でもご紹介します。あ、風が強かったので、風の音が大きめです。

 

 

 

 

 

 

 ソメイヨシノより長く楽しめる印象ですから、来年度も異動なく現職場にいたら、お昼休みにせっせと撮影するのもいいかもです。

 

 今週末(17日(日))の桜まつりまで、なんとか持ってほしいと思います。

 

 それでは、また!

 

 

| irisno2 | 06:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近気温が高めなので、香川・愛媛へフラリツーリングに行ってきました〜尾原さんとこで何故かことでんを激写〜

 みなさんこんにちは。

 

 先日のJ2第二節における、ファジ今季初勝利が未だにうれしゅうてうれしゅうてたまらんわぁ、のirisno2でございます。個人的に親近感を抱いているサイカズ選手(18齋藤和樹選手)がやってくれた、敵3人を突破したドリブル突破からの決勝点アシスト。すんばらしいですねぇ、何度見ても。

 

 ・・・とまあ、ファジ話はこれくらいにしておいて。建国記念日の積雪はどこへやら。暖冬まっしぐらのここ数日に毒されワタクシ、ソロツーにフラリと出かけてまいりましたのでご報告いたします。

 

 なんといっても、「フラリ」ですから、あまり確固たるルーティングは決めておりませんで。ただ、尾原さんとこ(高松市のバイク手袋専門店「屋島工房」さん)に立ち寄ることだけは確定。あとはテキトー。

 

 たまにはこんなんもええじゃろ〜!

 

 ということで、出発前のメーターチェックであります。<以下 PowerShot G16>

 

 

IMG_1768s.JPG

 

 

 そして、07号はフルパニア状態。

 

 

IMG_1773s.JPG

 

 

 「いきなり温泉に入りたくなったわ」という、超わがままっ子な持ち主を受け止められるように(笑)、07号さん準備万端、というワケです、ハイ。

 

 ちなみに気温はこんな感じ。

 

 

 IMG_1776s.JPG

 

 

 さすがに朝は気温は低め。但し、この日の最高気温予想は16℃。朝をしのげば何とかなるさ、の精神で真冬フル装備で出発進行!

 

 岡山市街地を抜け、この日は平日だったので、すでに倉敷から岡山方面へは渋滞しているR2を逆方向へ。早島ICから瀬戸中央道に乗りまして。

 

 

IMG_1779s.png

 

 

 高速道路上はどうなるか、と思っていましたが、先ほど挙げた通りの完全防寒装備だったので、ほぼ大丈夫でしたよ。

 

 ちなみにその完全防寒装備とは、下半身はクシタニのセットアップアンダー、ペアスロープの21ozジーンズ、モンベルのオーバーパンツ(ランドクルーザー)の3段重ね。上半身もモンベルのあったか長袖アンダー、同じくモンベルの厚手ウールカッターシャツ、ユニクロのダウンベスト、クシタニのプロテクターベスト、そして一番上がペアスロープのダウンジャケット(RT−32W)の4.5段重ねです。ネックウォーマーを忘れて、首回りが冷えてしまったはご愛敬(汗)。

 

 若干モヤのかかった瀬戸内海を渡り四国上陸。坂出北ICからさぬき浜街道を西へ向かいます。朝の7時半前、と言ったところ。番の州などの海際にある工場に向かう方向は渋滞が発生していましたが、ワタクシと07号が走行する西方向はほとんど渋滞なし。8時前にはあっさり多度津港に到着することができました。

 

 

 

IMG_1781s.JPG

 

 

 坂出北ICからここ多度津港までは、20分でした。

 

 相変わらず健在の、ワタクシの母方祖父の出身地である、高見島方面行フェリーの乗り場を示す看板。

 

 

IMG_1784s.JPG

 

 

 数年前にお邪魔した時(http://anzusan.jugem.jp/?day=20161106)と便数は変わらないようでした。

 

 軽く体をストレッチして、気の向くまま西方向へ。そのままさぬき浜街道を走り、詫間の街に進入。ここから荘内半島巡りを行いました。

 

 18年版中国四国版ツーリングマップルで言うと、58の右側中央部にある、三豊市に属する荘内半島がそれです。この荘内半島を周回するr232、r234は、何度かツーリングに来たことがあるおススメの道。今回も何となく足が向いて来てみました。

 

 途中でr232を離脱し半島先端部の室浜漁港へ。

 

 

IMG_1788s.JPG

 

 

 多度津港からここ室浜までは、40分。

 

 ちなみにこの神社は室浜大明神と言うそうです。

 

 何もない浜ですが、その素朴さが心に沁みる、のんびりと癒されるスポットでした。

 

 

IMG_1789s.JPG

 

 

IMG_1785s.JPG

 

 

 この先の灯台まで行こうとしましたが、少し入ったところで07号でも無理と分かってすぐにUターン。先ほどのr232に復帰します。

 

 半島の西側に出て、眺めが素晴らしい紫雲出山(しうでやま)に進入。気持ちよく駆け上がり、駐車場着です。

 

 

IMG_1799s.JPG

 

 

 平日の9時ごろですから、ほとんど人はいません。ここまで先ほどの室浜漁港から16分経過。

 

 眺め最高の紫雲出山山頂まで徒歩で登ってもよかったのですが、海は少し霞がかっていたため、今回は行かないことに。

 

 

IMG_1791s.JPG

 

 

 これはこれでよい眺めですね、今見ると(笑)。

 

 ちなみにいい眺めだと、下の看板通りの眺めになるのですが・・・。

 

 

IMG_1797s.JPG

 

 

 もういっちょご紹介。以前天気の良い時に訪問した記事をご覧くださいませ。

 

 http://anzusan.jugem.jp/?day=20131017

 

 なかなか良い光景でしょ!

 

 また来ることとしてリスタート。テキトーツーリングな今回ですが、昼ゴハンでいただきたい食事がありまして。紫雲出山を下ってr234へ。仁尾の街を通過し、瀬戸内海沿いに走行。観音寺からr21、R11と繋いで香川県と愛媛県の県境にある道の駅とよはま(ツーリングマップル70K3)でトイレ休憩。紫雲出山駐車場からここまでは渋滞なく、46分で到着。

 

 すぐに発進して愛媛県に突入。川之江市街地と三島市街地は「エリエール」ブランドで有名な大王製紙の大工場があるため、製品を運ぶトラックでR11は断続的にかなりの渋滞。やっとの思いで通過して、r13に進入しさらに西へ。そして、ツーリングマップルで70E5、r13が大きく右カーブしている辺り、四国中央市(旧土居町)にある「ひかり食堂」さんに到着しました。道の駅とよはまからひかり食堂さんまで44分かかりました。

 

 ここひかり食堂さんは、ラーメンが有名らしく、店主さんはワタクシが愛してやまない香川県三豊市の「はまんど」さんの大将と友人とのことで、一度食してみたいと思っていたのです。

 

 

IMG_1817s.JPG

 

 

 待合室内の看板。

 

 

IMG_1812s.JPG

 

 

 開店して10分、そして平日でもあるのですが、すでに多くのお客さんでにぎわっていました。

 

 

IMG_1814s.JPG

 

 

 なんとか待ち時間なく店内へ案内されまして。

 

 カウンター席の前のメニュー表。

 

 

IMG_1801s.JPG

 

 

 事前に何となく調べていた、「こってり白湯」系の鶏塩そばと豚めしを頂きました。

 

 

IMG_1806s.JPG

 

 

IMG_1803s.JPG

 

 

IMG_1804s.JPG

 

 

 鶏塩そばは、白湯スープなのですが、見た目ほどはくどくなく、ちょうどよい濃厚具合で本当に美味。

 

 そしてお店の方からこのように案内されている豚めしですが。

 

 

IMG_1809s.JPG

 

 

 噛んだらしっかり味が出てくる煮豚の味付けが、確かにラーメンと組み合わせてより輝く志向。これはラーメンと是非セットで食していただきたい逸品でした。

 

 地元の営業マンの方などがひっきりなしに来店するこのひかり食堂さん。確かにうまいですよ!!

 

 またこちらに来ることがあれば、今度は「あっさり清湯」系の中華そばか魚介醤油そばを頂きたいものです。

 

 ひかり食堂を後にし、目の前のr13をそのまま新居浜方面へ。ちょうどひかり食堂の前を過ぎた辺りで大きく右カーブし、一気に上昇。ツイスティ気味になって標高を上げて、峠を越えて新居浜市街地に進入しました。街に入った所にある、ファミリーマート新居浜阿島店でショート休憩。先ほどのひかり食堂さんからは17分で到着。

 

 今日はこの後何となく高松市の尾原さんとこ(屋島工房さん)にも立ち寄ることにしていましたから、この辺りで折り返すことに。先ほどの峠に再び向かいます。すぐに右手にいい感じの瀬戸内の海を臨むことができます。

 

 

IMG_1821s.png

 

 

 そして峠へ駆け上がり、先ほど美味しいラーメンを頂いたひかり食堂さんがある、旧土居町が見渡せる絶景ポイントでストップです。

 

 

IMG_1830s.png

 

 

IMG_1825s.JPG

 

 

 このツーリングマップル70C5〜E5のr13は素晴らしいワインディングなのでおススメ。新居浜方面から四国中央方面、西から東に入ると、峠を越えるとこの絶景が目に飛び込んできますので、そのほうがより素敵ですよ!

 

 一年ほど前にオクサマと松山方面から、ポロ号で地道をトコトコ香川方面に向かっていた時に偶然この絶景に出くわし、いつかバイクで来たいな、と思っていたのでした。

 

 山を下って相変わらず混んでいるひかり食堂さんを横目に見ながら東進。先ほどの紙輸送トラック渋滞に巻き込まれたくない、と思ってしまったワタクシ。途中で右に曲がり、土居インターチェンジを目指しまして。土居IC東隣のGSで給油。

 

 

IMG_1831s.png

 

 

 すぐにリスタートし、土居ICか松山自動車道にオン。混雑するR11を下に見ながら東進し、香川県に戻ってきて、大野原ICで下車。

 

 

IMG_1833s.JPG

 

 

 さきほどのR11利用と比べると30分ほど節約できたようです。平日でも710円(ETC料金)でしたので、この区間だけでも高速道路を利用されることをお勧めします。あ、休日ならここまでの混み具合ではありませんよ。オクサマとポロ号で16時半頃通過したた時はそんなに渋滞したイメージはありませんから。

 

 この後R11をひた走り、尾原さんとこを目指します。実は豊浜辺りから内陸を通ろうかと思っていたのですが曲がりそびれ、渋滞気味な観音寺辺りのR11をのんびり走り、善通寺付近から流れが良くなったR11をまだまだ走って丸亀市内へ。これを抜けて岡山でもいつもお世話になっております、なメジャースーパー・マルナカ宇多津店さんで甘いものを買って小休止。先ほどの大野原ICからここまで57分かかりました。

 

 

IMG_1834s.JPG

 

 

 小休止のはずがベンチでしっかり休んでしまい、若干慌て気味にリスタート。相変わらずR11を走ります。高松市街地に入り、高松中央IC方向へ左折したのですが何故か大渋滞(後で尾原さんに「あの辺り平日昼間は混むんですか?」と聞くと、「いや〜、そんなことないんですけどね〜。」との弁。Uターンしている車も多かったですから、事故とかあったのかも。)。ワタクシも高松中央ICを過ぎた辺りで軽やかにUターンを決め、高松自動車道と並走しているR11に復帰。東山崎町で左折し、YSP剣山ツーでいつも使っているr10に乗り、そのまま屋島工房さんに到着しました。マルナカ宇多津店さんから渋滞もありましたが、50分かかっています。

 

 

IMG_1836s.png

 

 

 先客がいらっしゃったので、少し外で遊ぶことに。持参してた5Dmk靴如△海箸任鵑鮖1董<以下4枚のみ 5Dmk掘棕横粥檻隠娃機。藤苅漫。稗咫。妝咤諭

 

 

3R5A3206s.png

 

 

3R5A3243s.png

 

 

3R5A3248s.JPG

 

 

3R5A3251s.JPG

 

 

 やっぱ一眼レフのAFは食いつきが良く、連射も決まって気持ちいいです。

 

 またマスツーの際には5Dmk靴鮖ち出して、みなさんの雄姿を撮影するのもいいかな〜、と思ってしまいました。

 

 そうこうしていたら、先客さんがお暇されたので店内へ。前回の訪問時に尾原さんに中綿交換を勧められていたエルクウインターを預けて、その後は気になる春夏物のジャケットを着させてもらったりしながら談笑。

 

 ちなみに慣らしのため、ここ数か月晴れの日の通勤時には毎回履いているペアスロープさんのR−01ですが、お店にあった新品と並べてみました。

 

 

IMG_1852s.JPG

 

 

 奥がワタクシ愛用のR−01です。個人的にはいい感じに育ってきたかな〜、と思っているのですが、いかがでしょうか。

 

 今回ものんびりと楽しいひと時を過ごさせていただいていたため、日も傾いてきました。

 

 

IMG_1861s.png

 

 

 17時前、屋島工房さんをスタート。発進時は高松中央ICから高速道路に乗ってひとっとび、と考えていたのですが、時間もまだあるあると急遽思考転換。下道のさぬき浜街道を使って坂出北ICを目指すことにしました。

 

 いつも渋滞する高松城南東角のことでんの踏切は避けて、少し前で右折し宇高国道フェリーが発着していた桟橋前を通過してから高松駅前から回り込みまして、後は浜街道をひたすら西へ。最近無料になった五色台トンネルを通過して、ほとんど渋滞もなく、51分で坂出北ICを通過。素晴らしい夕暮れを橋の上から満喫して岡山に上陸。早島ICからR2バイパスで予定通りな平日夕方渋滞に巻き込まれつつも、岡山市中心部付近の自宅に1時間50分で無事帰着できました。

 

 今回の走行後のメーターはこちら。

 

 

IMG_1862s.JPG

 

 

 本日は341kmの走行でした。

 

 午前中から気温が上がり、帰りの高速道路ではオーバーパンツを脱いでアンダーパンツとゴツめのGパンでしたが、全く寒くありませんでした。やっぱり暖冬ですね。

 

 わがままま持ち主のために(大汗)、使いもしなかったフルパニア仕様で一日頑張ってくれた07号に感謝の一枚。

 

 

IMG_1869s.png

 

 

 今度こそ、温泉に入るぞ!

 

 で、また四国に行くぞ!!(笑)

 

 それでは、また。

| irisno2 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
播磨の小京都〜醤油でメジャーな龍野の街に行ってきました〜

 みなさんこんにちは。

 

 ファジは初戦敗れてしまいましたが、引き続きのホーム戦だった本日(3月3日)行われた対金沢戦では、2−1で勝利しました。前節の水戸さんと同じく4バックの金沢さん相手でしたが、修正すべき点はかなり直していたそうです。そして、2点目は個人的に勝手に親近感を抱いている(笑)サイカズ選手(18齋藤和樹選手)が素晴らしい突破を見せてくれてラストパス。イヨンジェ選手のゴールをアシストと、喜ばしい結果を出してくれました。この調子だ!我らがサイカズ選手〜!!

 

 さて。少し前になりますが、ワレワレ夫婦は隣県兵庫県の「播磨の小京都」と言われるたつの市中心街、龍野城城下町を散策してきました。

 

 この龍野の街は、ここ岡山市内からだとR2で約1時間半程度とお手軽に出かけられる所ですが、今までは何故か落ち着いて訪れたことがありませんでしたが、なかなかに良い街でしたよ。

 

 龍野の街は、無料の駐車場があちらこちらにあってクルマで行くにはとっても便利。街の雰囲気が素敵ですから、クルマは停めて散策されることをおススメしたいですね。

 

 龍野公園の駐車場にポロ号を停めたワレワレ夫婦。まずは駐車場にある、龍野の街の案内板を注視します。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_1485s.JPG

 

 

 ここ龍野公園は少し高台になっており、市街地には下っていく感じになります。

 

 で、この龍野公園。なんと入場料が要らないミニ動物園があって驚きなんです。

 

 

IMG_1491s.JPG

 

 

IMG_1492s.JPG

 

 

 珍しいサルがいたり。

 

 

IMG_1493s.JPG

 

 

IMG_1517s.JPG

 

 

 きれいな鶏や孔雀がいたりします。

 

 

IMG_1758s.JPG

 

 

 美しさアピール中の孔雀さんを動画でご案内。

 

 

 

 

 無料なのでコンパクトではありますが、いい感じの動物園でした。

 

 この後、龍野公園がある丘を登っていきまして。

 

 

IMG_1497s.JPG

 

 

IMG_1499s.JPG

 

 

 三角点のあるピーク(笑)を超えると、このような石碑が。

 

 

IMG_1507s.JPG

 

 

 この石碑に近づくと・・・。

 

 

 

 

 こんな感じで、立派なメロディを聴くことができます。

 

 このたつの市は、有名な童謡「赤とんぼ」の作詞で有名な詩人・三木露風さんの出身地であり、童謡押しなのです。この丘の頂上部のあちこちにこのメロディシステム?を置いており、散策しながら音楽も楽しめておススメです。

 

 街の側溝蓋も赤とんぼ仕様でしたよ。

 

 

IMG_1528s.JPG

 

 

 緩めの坂道を街の方に下っていきます。龍野公園の辺りは高級住宅街のようで落ち着いた雰囲気。すぐに龍野小学校があるのですが、龍野城のすぐふもとのこの小学校。レトロな街に似合う作りで驚きました。

 

 

IMG_1534s.JPG

 

 

 右側のお城の施設風な門に近づいてみますよ。

 

 

IMG_1540s.JPG

 

 

IMG_1539s.JPG

 

 

 門には「龍野小学校水練場」の木製看板が。

 

 そう、龍野小学校の校舎グラウンドから公道を挟んだ所にあるここはプールなんです。

 

 ここで振り返ると同じような立派な門が。

 

 

IMG_1535s.JPG

 

 

 この門は、龍野小学校の体育館敷地にあるものなのですが、どうやらホンモノのようで。

 

 

IMG_1536s.JPG

 

 

 正に歴史が息づく街ですよね、龍野の街は。

 

 ちなみに、この辺りにもこんな感じで無料の観光客向け駐車場があったりします。

 

 

 

 

IMG_1529s.JPG

 

 

 そしてワレワレ夫婦は登城することとしまして。

 

 

IMG_1545s.JPG

 

 

 城門をくぐり。

 

 

IMG_1547s.JPG

 

 

 そこには、立派な本丸御殿が。

 

 

IMG_1557s.JPG

 

 

 先ほどの城門やこの本丸御殿は戦後に復元されたものとのことです。

 

 本丸御殿は入場無料なので入ってみますよ〜。

 

 

IMG_1552s.JPG

 

 

IMG_1554s.JPG

 

 

 なかなか見ごたえのある本丸御殿。先ほどの動物園と言い、無料で楽しめてうれしい限り。

 

 そして外に出て西側に回ると、梅が綺麗に咲いておりました。

 

 

IMG_1566s.JPG

 

 

 お城でほっこりしたワレワレ夫婦は、オクサマがマークしていた近くの和食屋さんへ赴きましたが、臨時で貸し切りとのことで残念。お店のフェイスブックには特に載っていなかった情報ですが、やっぱり狙い撃ちする時には電話で確認が必要ですね(汗)。

 

 お城のすぐ西側のこの辺りも雰囲気があります。

 

 

IMG_1570s.JPG

 

 

 そして、こちらのお店でお昼を頂くことに。

 

 

IMG_1577s.JPG

 

 

 こちらの「さばと」さん。入口になかなかユニークなレンタルものを置いておられまして。

 

 

IMG_1584s.JPG

 

 

IMG_1585s.JPG

 

 

 ご夫婦でされていると思われるこちらのお店。飛び込みで入りましたが、なかなか雰囲気があってよかったです。接客の奥様がフレンドリーなのが印象的でした。

 

 

IMG_1582s.JPG

 

 

 肝心のランチも、お手頃価格かつ美味!

 

 

IMG_1581s.JPG

 

 

 検索エンジンで「龍野 さばと」と入れればヒットすると思いますので、ご興味がある方は。

 

 しっかりおなかを満足させた後は、再び龍野の街をぶらぶら。

 

 龍野と言えば、ヒガシマル醤油を始めとした醤油の街としても有名。

 

 

IMG_1590s.JPG

 

 

 そして、こちらはノーマークだった、たつの市が観光用に整備したと思われる施設にも立ち寄ってみました。

 

 

IMG_1600s.JPG

 

 

IMG_1599s.JPG

 

 

IMG_1601s.JPG

 

 

 ここ大正ロマン館にも、無料駐車場が。

 

 

IMG_1603s.JPG

 

 

 そしてこちらの建物には。

 

 

IMG_1602s.JPG

 

 

 醤油を始めとする龍野の名産品の数々。

 

 

IMG_1604s.png

 

 

IMG_1607s.JPG

 

 

IMG_1612s.JPG

 

 

 醤油づくりも体験できるようですね〜。

 

 

IMG_1605s.JPG

 

 

 さらには、バイキングランチもいただけるようですよ。

 

 

IMG_1610s.JPG

 

 

 値段が見えなくて申し訳ないですが、この時点では一人1,490円でした(※訪問される際には事前にご確認くださいませ)。

 

 良い雰囲気の大正ロマン館を出ると、道を挟んだ反対側にはこんなものが。

 

 

IMG_1616s.JPG

 

 

IMG_1618s.JPG

 

 

 ヤクルトの自販機の中で、本当に醤油ともろみを販売しておりますよ!

 

 少し歩くとまたまた出くわした駐車場。

 

 

IMG_1623s.JPG

 

 

IMG_1628s.JPG

 

 

IMG_1624s.JPG

 

 

 ここは「かどめ公園」というようですが、手前は関係者用駐車スペースですが、奥側は観光客用でした。

 

 すぐ近くの雰囲気も良い良い。

 

 

IMG_1627s.JPG

 

 

IMG_1629s.png

 

 

 そして少し戻って、ヒガシマル醤油さん運営のうすくち龍野醤油資料館に行きました。

 

 

IMG_1632s.JPG

 

 

 旧本社屋を利用しているこの資料館。有料ですが、なんと入場料が10円!!!

 

 しかし、このオサレな洋館の中には。

 

 

IMG_1640s.JPG

 

 

 色々な展示がありまして。

 

 

IMG_1650s.JPG

 

 

IMG_1654s.JPG

 

 

IMG_1658s.JPG

 

 

IMG_1663s.JPG

 

 

IMG_1665s.JPG

 

 

 ここで紹介したのはごく一部。入場料が10円なんて、信じられません!

 

 興味深く醤油のことを色々知ることができて、楽しかったです。

 

 再び味のある龍野の街中を歩き。

 

 

IMG_1669s.png

 

 

IMG_1674s.JPG

 

 

IMG_1675s.JPG

 

 

IMG_1677s.JPG

 

 

IMG_1680s.JPG

 

 

 ついに龍野の街での最終目的地である、こちらに到着です。

 

 

IMG_1683s.JPG

 

 

 懐かしい昭和の風景が再現されているというこちら。ウチのオクサマが「あんたじゃったら絶対好きじゃわ。」とススメてくれた所なんです。

 

 2階に上がり、入場料を支払うと・・・。

 

 

IMG_1689s.JPG

 

 

IMG_1696s.JPG

 

 

IMG_1694s.JPG

 

 

 館長さんが手間暇かけて仕上げられた、HOゲージ(ワタクシが収集している鉄道模型のNゲージより一回り大きいスケールの鉄道模型のこと)の大レイアウト(ジオラマ)がそこには展開していたのです。

 

 現在は夕方から夜を演出中とのこと。時間割はこのように。

 

 

IMG_1697s.JPG

 

 

 夜の車両基地で出発を待つ、気動車の動画です。

 

 

 

 

 昔の気動車のディーゼルエンジンのアイドリング音も再現されています。このガラガラ音が最高なんです。

 

 そして日は明けて。

 

 ターンテーブルを中心とした、扇形機関庫と。

 

 

IMG_1713s.JPG

 

 

 街を離れた農村部です。

 

 

IMG_1714s.JPG

 

 

IMG_1731s.JPG

 

 

IMG_1737s.JPG

 

 

 やっぱりとってもリアル。

 

 館長さんが虫眼鏡とペンライトを貸し出してくださるので、細部までじっくり観察することが可能です。

 

 夢中で観ていると、機関庫ではデゴイチが方向転換。

 

 

 

 

 さらには気動車3連も発車。

 

 

 

 

 最後はデゴイチ重連の貨物列車で〆、です。

 

 

 

 

 それにしてもまあ、とっても大きいこのレイアウト。そしてその中を音付きで走る古き良き昭和の時代の気動車や貨物車。

 

 ワタクシが物心つく少し前のニッポンの風景が今もここにあります。

 

 ワタクシのような鉄道模型ファンでなくとも、昭和の香りに覚えのある方や、昭和ノスタルジーに触れてみたい方なら十分気に入っていただけるのではないでしょうか。

 

 実際模型ファンではない女性連れの方や、家族連れの方も楽しんでおられましたよ。

 

 そんな魅惑な昭和レトロ情景館は、1818年(文政元年)築の古民家を利用しています。

 

 

IMG_1738s.JPG

 

 

 建物自体が江戸時代からのものですから、とってもレトロで雰囲気がありますよ。

 

 ちなみにこちらの入場料は高校生以上が450円。小中学生が250円です。コーヒーが300円でいただけますから、龍野の街の散策中に、休憩がてら訪れてみられては。

 

 なお、細かい情報等は検索エンジンで「昭和レトロ情景館 たつの」などと入力していただければヒットすると思いますので、そちらをご参照くださいませ。

 

 今回の龍野の街散策。到着から龍野公園動物園、童謡の小径、龍野城(本丸御殿)、大正ロマン館(クラテラスたつの)、うすくち龍野醤油資料館、昭和レトロ情景館を満喫して、昼食時間を含めて4時間ほどの滞在でした。

 

 オクサマとしっかり楽しんだ龍野の街。素敵な街ですから、オクサマなどの家族や恋人、友人とのドライブで、はたまたツーリングの目的地に是非。

 

 まだまだ近場でもいい所はあることを感じ入った今回のお出かけでした。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雪が積もっている岡山市内より〜8時過ぎですが、まだ雪が降っています〜

 みなさんおはようございます。

 

 さて、今日(19.2.11)は建国記念日で祝日。昨晩の天気予報では、ここ岡山市内も降雪があるやも、とのことでした。

 

 ゴミ出しに先ほど外に出てみると・・・<以下 写真 iphone 動画 PowerShot G16>

 

 

IMG_0414s.JPG

 

 

IMG_0413s.JPG

 

 

 道路は比較的大丈夫そうですが、雪が積もっています!降雪自体も8時過ぎの段階で細かいながらも続いていますよ。

 

 動画ではこんな感じ。JRは運行しているようですが、一部遅れが出ているようです。

 

 

 

 

 バイク通勤のワタクシにとっては、今日が祝日で助かりました。07号のトップボックスも御覧の通り。

 

 

IMG_0412s.JPG

 

 

 不要不急のお出かけは控えられた方がよろしいかと・・・。

 

 それにしても、今年の冬は暖冬傾向だったので、少し驚きです。

 

 ということで、数年ぶりの降雪をお伝えしました。

| irisno2 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
19シーズン・ファジのTRM、3日分全て観戦したよ、の巻〜やっぱ4バックですわ〜

 みなさんこんにちは。相変わらず暖かかったりそうでなかったり、気温の上がり下がりが激しい、2月三連休初日のここ岡山市内。北海道は最強クラスの寒波が入っているとのこと。北海道に限らず、なじみのある山陰なども寒くなっていることでしょうね。大きな雪害が来ないよう、祈りたいと思います。

 

 さて。この時期ファジ好きとしては毎年気になる、政田でのTRM(トレーニングマッチ)。今年は1月末に関西福祉大学さんと、2月に入り、毎度のJ2愛媛さん、そして最後は同じくJ2の新潟さんと対戦した我が愛すべきファジアーノ岡山。当然何とか時間等工面して観戦してきましたので少しだけ(←ホントに少しだけ〜??とセルフ突っ込み(笑))お知らせ。

 

 試合のスコア等はチームの公式HPやファジラボさん(いつも紹介していますが、ファジ番記者の方が有料で運営しているサイト。月額540円でファジの濃厚で意義ある記事が読み放題!)に載っていますから、ここでは割愛。

 

 そして以前お話しした、さわやかでフレンドリーな有馬新監督が率いるファジ。今日は「/靴燭淵轡好謄爐砲弔い董´∩手個々の印象」の二つについてお話ししようと思います。

 

 まず「/靴燭淵轡好謄爐砲弔い董」から。

 

 今年はフォーメーションがガラッと変わって4バックになりました。3試合とも442(DF4人、MF4人(ボランチ2人にCH2人)、FW2人)でして、このシステムで3試合全て通していました。昨年の長澤ファジでもこの時期のTRMで4バックにしたことがあって、滑らかな動きで「いいんじゃね?」と思ったことがありまして、ファジラボでも「今季は4バックになるのでは?」と記事にされるくらいでしたが、最終的には堅実な3バックに落ち着きました。その頃から選手みなさんの適性として、4バックはアリかと思っていたので、楽しみです。

 

 有馬ファジの4バックは、攻撃により手間(人数)をかけるためとのこと。TRM2試合目の対愛媛戦では、攻撃された時に不慣れな点を突かれていましたが、3試合目の新潟戦ではその辺りは修正してきてましたね。有馬さん自体コメントしていましたが、「あとは攻撃面での連携を詰める。」ことが肝要でしょう。4バックにして、ボール保持時のボール回しもしっかりトレーニングしているようですから、昨年までの、「遅効(カウンター(=速攻)ではなく、構えている相手に攻撃する場合のことです。)の時は、とりあえず最終ラインから縦一発!」は減り、しっかりボール回しをして相手の穴を見つけて攻撃開始、となりそう。守備時も前に多くの選手が配置されますから、プレスをかけやすく相手陣内でボールを奪って速攻、というパターンもできそうで、実際この形から新潟戦は得点しておりました。

 

 気になる点はやはり守備面で、後ろでボール回しをしている時に相手方からプレスをかけられた時にどうするか、というのを詰めていく必要があるのと、後ろの人数が少なくなるので、守備時にはそれぞれの選手が自身の立ち位置をよく確認して、状況に応じてポジション修正をしっかりしていくことが必須でしょう。

 

 あ、「4バックは3バックより1人人数が多いのに、なぜ人が少ないの?」とギモンに思ったあなた。素晴らしい質問です(笑)。確かに守りの選手が3人だから3バックなのですが、実際には守備時には両脇にいる前目の選手2人も戻ってくるので、実質「5バック」になることがほとんどで、4バックより守備時の人数が多いということなんです。後ろで守り固めるには、3バックはより適した陣形と言えるでしょう。逆に3バックは守り切れて攻撃に転じた時、攻撃側の選手が少ない、という点がありまして。「失点も少ないけど、得点も少ない。」という展開になりがちなのです。長澤さん(前監督。現J1FC東京コーチ)は「まずは守備からでしょ。」ということで3バックを採用していた訳です。

 

 ということで、有馬さんは昨シーズンより攻撃に比重を置くのでは、と推察されます。有馬さんがコメントしている通り、「シーズン開幕後も熟成を進めていく。」と言っている通り、新たな442システムは馴染むのに時間がかかると思われますので、昨シーズンのような開幕ダッシュは難しいかもしれません。開幕から2か月ほどは、負けが込み入らない程度に進めていき、GW辺りから攻守ともがっちりかみ合った姿になり、最終的に今年の目標である6位以内を目指して欲しいと思います。

 

 次に「∩手個々の印象。」です。

 

 まずは攻撃の選手から。ネット上でも言われている通り、昨シーズンはケガでなかなか思うように出場できなかったFWの9番イヨンジェ選手が絶好調!!素晴らしい仕上がりで、今期に懸ける意気込みが伝わってきます。飛ばしすぎてケガしないか心配なくらい。このままの調子を維持してシーズンに突入できたら、絶対的な攻撃面でのエースになるのではないでしょうか。新加入の10番レオミネイロ選手はやはりテクニックもあり、優秀な選手。ベテラン24番赤嶺選手もコンディションは良いようで、442の2トップに向いているようにも見受けられます。有馬さんも試合中に後ろがボールを持った時には「まず真吾(赤嶺選手)を見て!」と大きい声で指示を出している印象が強かったです。現時点での2トップは「9イヨンジェ選手、24赤嶺選手」で決まりでしょうか。その2トップと絡む2CHは、昨年からイチオシの19番仲間選手も好調ですし、今期鹿島から記入した25番久保田選手もボール裁きがうまく、キープ力もありパスもおしゃれと活躍してくれそうです。10番レオミネイロ選手はCH起用もありだし、相変わらず個人的親近感を抱いているサイカズ選手(18齋藤和樹選手)も、直近の対新潟戦に途中出場。コンディションを上げてきている最中とお見受けしました。楽しみです。

 

 中盤(FWよりの中盤CHは上で紹介済なので、ここではボランチのみ。)で一番ワタクシがお伝えしたい「光る選手」は16番武田将平選手。見た3試合は全てボランチで起用されており、その視野の広さと高いキック制度から繰り出される長短のパスでチームの攻撃を引っぱっていました。昨年は「チームの王様」14番上田康太選手しかそういった役割をこなせる選手がいませんでしたから、16武田選手と14番上田選手のダブルボランチで、ボールの出どころを複数にするのは相手が俄然守りづらくなるのでとてもいいことだと思います。14番上田選手は守備面で若干難があると思われるので、昨年は守備が得意なつかっち(現J1松本の塚川選手)と14番上田選手が組んで中盤底のバランスを取ることが多かったのですが、16番武田選手は今シーズンは守備面でもその豊富な運動量や的確なポジショニングから活躍しておりまして、その点からも安心かと。なお、31番下口選手をボランチで起用することもあり、守備面で下口選手はファイトもあってボール奪取力に秀でていますから、守備重視の際は31番下口選手と14番上田選手か16番武田選手で組んでもらえばよいのでは。

 

 守備の選手では、2CB(後ろの真ん中の選手。GK前での守備の中心。)は2年目の20番チェジョンウォン選手が最も気になる存在。高さでも相手FWに競り勝ち、良いポジショニングからの読みも鋭くインターセプト(相手のパスをカットすること)も好調、落ち着いたボール裁きでパス出しもOKとなんでもござれ。33番阿部選手もいいですが、5増田選手、6喜山選手も含めて、20番ジョンウォン選手がCB一番手なのでは。有馬ファジ注目の4バックでの両SB(サイドバック)ですが、右は新加入J1経験豊富なベテラン8田中選手で決まりで、左が6喜山選手か。ポジション的には現状では唯一手薄なSBですが、負傷等で出遅れている11番三村選手、むっくん(21椋原健太選手)が復帰すれば、2廣木選手と合わせて穴がなくなるでしょう。

 

 GKは安泰の13金山選手と22番一森選手の両巨頭。二人を含めた4人のGK陣は皆さん調子もよいようです。今年のチームではGKもボール回しに加わるようで、そういったシーンが何度も見られたのですが、二人とも問題なくこなしていました。ちなみに1椎名選手が例年より好調な印象。新たなシステム導入で、後ろからの声掛けによる指示出しも大切になり、その点では他のGKの追随を許さない1椎名選手ですから、一皮むければ、ひょっとするとひょっとするかも。

 

 と、選手面では負傷者が多めなのが気にはなりますが、攻撃面では主力選手は全て好調、他のポジションの選手も動きは良いですから、手薄なSB以外は大丈夫なのではないでしょうか。そこも11番三村選手も試合にこそ出ていなかったものの元気にピッチで別メニューをこなしており、開幕には十分間に合うのでは。むっくんも公式リリースはないですから、恐らく大丈夫!

 

 また、CBのレギュラークラスの3後藤選手と4濱田選手が負傷で抜けていますが、指揮力に富む4濱田選手は開幕に間に合うかもしれないですし、特に機動力に富む3後藤選手が夏前までには復帰しそうですから、そうなると守備面は盤石になりそう。

 

 ただ、復帰する選手は新たなシステムに慣れていないでしょうから、そこが心配。むっくんは元々4バックの右SB職人ですから大丈夫でしょうけど。

 

 やはり今年のファジの一番のポイントは「新たなシステムをいかに浸透させるか」でしょうね。

 

 少しでも早くシステムを選手それぞれが体に沁み込ませて、うまく活用して白星を重ねていってほしいです。

 

 またまた長々ご容赦を。

 

 それでは、また〜!

| irisno2 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 自身のルーツの島に、23年ぶりに行ってきました〜香川県多度津町の高見島へ(16.10.19)〜
    irisno2 (07/18)
  • 自身のルーツの島に、23年ぶりに行ってきました〜香川県多度津町の高見島へ(16.10.19)〜
    有馬 仙 (07/18)
  • 2017YSP岡山南剣山一泊ツーリング(7月16日、17日)〜その2・剣山スーパー林道に入っても、小ネタは続く〜
    irisno2 (07/19)
  • 2017YSP岡山南剣山一泊ツーリング(7月16日、17日)〜その2・剣山スーパー林道に入っても、小ネタは続く〜
    TAKE (07/19)
  • 約10数年ぶりに、学生時代の懐かしのあの場所へ〜プラモデルワールドさん訪問(京都市伏見区 16.1.30訪問)〜
    irisno2 (04/22)
  • 約10数年ぶりに、学生時代の懐かしのあの場所へ〜プラモデルワールドさん訪問(京都市伏見区 16.1.30訪問)〜
    工場長リュウ (04/21)
  • YSP岡山南・フラット林道ツーリングに参加してきました・前編〜新星現る!の巻〜
    irisno2 (09/13)
  • YSP岡山南・フラット林道ツーリングに参加してきました・前編〜新星現る!の巻〜
    ベイダー (09/12)
  • 2016YSP岡山南剣山一泊ツーリング〜その2・やっぱり来た来たメインイベント「バンビからの、おかひろし事件」発生〜
    irisno2 (07/20)
  • 2016YSP岡山南剣山一泊ツーリング〜その2・やっぱり来た来たメインイベント「バンビからの、おかひろし事件」発生〜
    TAKE (07/20)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode