Page: 1/123   >>
岡山市中区にある、味と接客文句なし!なうどん屋さんに行ってきました〜うどんのまるえんさん〜

 みなさんこんにちは。本日やっとお盆休み代わりの夏休み2日目が取れたirisno2でございます。6月30日に取得した夏休み1日目は入院中だった祖母の入院面談等で一日消化したため、実質的「お休み」は今回が初。本来なら、オプションてんこ盛りとなった(笑)T7号で県北ツーリングでも良かったんですが、前日は業務で深夜帰宅(No!)。炎天下のツーリングでは体力消耗してしまうので、明日からの激務業務に支障をきたしては、と遠出せずのんびり過ごすことに。

 

 そんなワタクシですが、やっぱり気分転換は必要なんですよぉ(力説)!。うどん好きなウチのオクサマが探してくれていた、岡山市中区円山にある「うどんのまるえん」さんに行きませんか!、とお誘いして二人して行ってきました。<以下全て iPhone>

 

 

IMG_2374s.JPG

 

 

 こちらまるえんさんは、岡山市中心部からは県道岡山牛窓線で東山峠を越えて少し行った辺りのこの県道沿い右手にありまして。自宅のある北区西古松からは車で20分弱くらいで到着しますから、岡山駅付近からも車なら同程度の時間かと思われます。

 

 また、ウチのオクサマ情報によるとこちらは人気店とのことで、お昼時だと行列が出来たりするらしいんです。よって、開店の11時を少し回ったくらいでお邪魔したのでした。

 

 店内にはお一人先客がいらっしゃり、ワレワレ夫婦が二番手。感じのよい店員さんにオクサマは「天ぷらぶっかけセット」(950円・※税込か税抜か忘れました(以下同じ)・汗)を、ワタクシは「唐揚げセット・カレーうどん(2玉・2玉まで増量無料)・デザート選択(ご飯かデザートを選べます)」(950円)にしました。

 

 待っている間にも、お客さんが続々。平日でかつお昼前でこの人手。やはり人気店ですね。店内もキレイにされています。

 

 

IMG_2355s.JPG

 

 

 そして、土日の夜は居酒屋的に営業されているそうで、お酒もあります。

 

 

IMG_2358s.JPG

 

 

 ワタクシが赤磐酒造さんと並んで愛する酒蔵、倉敷市児島にある十八盛さんの吟醸生貯蔵酒があるようですね。これは嬉しい。

 

 そしてやってきましたうどんさんたち。

 

 

IMG_2362s.JPG

 

 

 オクサマのセットはこのぶっかけ(1玉)と。

 

 

IMG_2361s.JPG

 

 

 半丼天丼ですね。

 

 

IMG_2360s.JPG

 

 

 どちらも一口いただきましたが、とっても美味しかったですよ!

 

 そしてワタクシのセットのカレーうどん(2玉)と。

 

 

IMG_2363s.JPG

 

 

 唐揚げ(3個)とサラダと。

 

 

IMG_2364s.JPG

 

 

 デザートの抹茶プリンですね。

 

 

IMG_2367s.JPG

 

 

 こちらまるえんさんのうどんは「サンマ出汁うどん」が有名らしいのですが、食べログ等でレビューを確認すると、「カレーうどんも美味しい。」とのこと。ここ最近も業務多忙気味のワタクシは、しっかりスタミナをつけねば、とカレーうどんにしたのでした。

 

 これが大正解!!マイルドでかつしっかり出汁も効いていて、体が元気になる「優しく美味しい」カレーうどんだったのでした。

 

 こちらのご主人はワレワレ夫婦も以前何度も通った「およべ」さんで修業した方らしいのですが、およべさんのカレーうどんとは違う美味しさがあるように感じました。

 

 唐揚げもしっかり大きくジューシー。備え付けられているタルタルソースとの相性もばっちり。そしてデザートのプリンもこれまた美味しい品でした。

 

 食べ終えた後に店員さんが出してくれたお茶が締めにふさわしくさっぱりしたほうじ茶。

 

 

IMG_2373s.JPG

 

 

 最後まで食事を楽しませていただきました。

 

 また、こちらのまるえんさんはご主人以下お店の皆さんの接客が素晴らしいことも特筆すべき点ですね。あったかくかつ丁寧な接客です。味も良いのに素晴らしいことです。

 

 地元の幅広い年代の女性常連客の方々がおひとりさまで来られているのを見ていたウチのオクサマ。「これはいいお店じゃわ。」とたいそうお気に召したらしく。「また来るわ。」と宣言しておりましたよ(笑)。

 

 次回は、しっかりしたカメラを持って行ってレポさせていただきましょうかね。

 

 営業時間は平日は11時〜15時、土日は11時〜15時と17時半〜20時半。定休日は木曜日だそうです。

 

 あ、これらの営業データは当然訪問した20年8月4日の情報なので、最新のものや詳しい情報はヤフーなどの検索エンジンで「うどん まるえん 岡山」なんかで検索していただくとすぐにヒットします。行かれる前には必ずこちらで最新情報を確認してくださいね。

 

 香川県もうどんで有名ですが、岡山のうどんレベルもなかなかなんですよ。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 22:12 | comments(0) | - | pookmark |
ちょっと久々訪問の赤磐酒造さんで見つけた、ノンアルコール的ステキな食物。の巻

 みなさんこんにちは。相変わらず平日はアホみたいに労働しているirisno2でございます(涙)。

 

 そんなワタクシ。この四連休の後半である昨日と今日(7月25日と26日)は、本来ならば馴染みの四国徳島県の四国山地の山深く、那賀町にある四季美谷温泉さんに宿泊しての1泊2日ソロツーを企画しておりました。しかし、天候が悪く、数日前から四季美谷温泉さんと調整していたのですが、あえなく四季美谷温泉さんのある徳島県那賀町が大荒れのお天気になる見込みとなったため、あえなくキャンセルとしてしまいました(涙)。実際に両日とも気象警報が発令されていましたので、やむを得ないところ。仕事もこれからいよいよ多忙になるため、時間的に泊できるか自信がありませんが、何とかして近いうちに日帰り利用でもいいからお邪魔したいところです。

 

 さて、実際にキャンセルを決定した日(7月23日)のお昼過ぎ、少しお久しぶり、の赤磐酒造さんにお邪魔してきたのですが、建物の外壁に貼り付けられている案内を見てみると。<以下全て iPhone>

 

 

IMG_2275s.JPG

 

 

IMG_2276s.JPG

 

 

 おおっと、「酒粕あります」って!!

 

 ・・・ってそっちじゃなくて(笑)。「酒粕アイス」の青文字が目に飛び込んでくるワケでして。

 

 実は最近赤磐酒造さんのHPにこのアイスの案内がされていて、電話で確認したところ「完全ノンアルコールですよ。」と聞いて「こりゃあ食べんとおえんじゃろ!」と、ウチのオクサマとワタクシ、息巻いて訪問した、という次第です(再笑)。

 

 いつもの入り口で呼び鈴を押しまして。

 

 

IMG_2278s.JPG

 

 

 奥様に応対していただいて直売所に進入。

 

 おお、あるある「酒粕アイスクリーム」様です!!

 

 

IMG_2279s.JPG

 

 

IMG_2281s.JPG

 

 

 これを1つ買ってウチのオクサマと半分こですよ。

 

 そして再生産された「甘酒」やら、ワタクシ一押しの「純米吟醸 桃の里」は日頃お世話になっている方々への配布用に購入。

 

 

IMG_2283s.JPG

 

 

 この後、ポロ号に戻っていただきま〜す、です!

 

 

IMG_2286s.JPG

 

 

IMG_2289s.JPG

 

 

IMG_2285s.JPG

 

 

 !!!うまいっす!!!

 

 !!!こりゃあうまいっす!!!

 

 酒粕の風味がコクを引き出し、オトナが楽しめるステキなアイスになっていますよ。もちろんお子様にもおススメ。家族へのお土産なんかにもいいと思いますし、お酒が苦手な方へのプレゼントにもよろしいかと。

 

 「まだまだ状態は厳しいです。」と言っておられた奥様ですが、しっかりと頑張っておられるご様子。これからも美味しいお酒を作り続けていただくために、少しでも応援したいです。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 22:29 | comments(0) | - | pookmark |
T7号、初回点検に入庫+YSP岡山南に、即納可能なテネレ2色ありますよ!

 みなさんこんにちは。今日は水曜日で職場はノー残業デー。水曜日くらいは定時で帰りやす!と所属長に宣言しているワタクシ。宣言通り定時で帰れたので、こうしてブログをアップしております。

 

 そんな普段は激務のワタクシが喜ぶように、とファジ戦士たちが頑張ってくださいまして。先ほど終了したアウェイ愛媛さんとの対戦では、55分に山本選手が巧いループシュートを決めてくれたようで、1−0で勝利となりました!この調子で頑張ってほしいですよね〜!!

 

 さて、恒例のファジ話はここまで。前回のブログで1,000kmを達成した我がT7号。初回点検を受けるべく、YSP岡山南さんに入庫した次第なんですが。<下の1枚のみTG−620>

 

 

P7120261s.JPG

 

 

 店内にある、この段ボールの山は一体・・・。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_0299s.JPG

 

 

 どうやら、ワタクシがオーダーしていたオプションの山らしいっす(大汗)。

 

 そして、こいつがなかなか入荷しなくて困っていた御仁。

 

 

IMG_0301s.JPG

 

 

 フレームの性能が上がるという、テネレ700用のパフォーマンスダンパーですよ。この御仁のみ入荷が遅れていたために、なかなか装着に至らなかった次第。

 

 そして、これらのオプションの数々を、工場に運んでくださる社長親子のお二人。

 

 

IMG_0309s.JPG

 

 

 「irisno2さん、結構重いっすよ!」と教えてくださるグレートメカニックMさんとお父上が、えっちらおっちら運び中の図。

 

 

IMG_0311s.png

 

 

 ・・・アホみたいにオプション頼んですんませんっ!ホントすんませんっ!!(笑)

 

 工場に入庫してチェックを受けるT7号ですね。

 

 

IMG_0303s.JPG

 

 

 そして、オプションの数々について、取付開始するの図。

 

 

IMG_0315s.png

 

 

IMG_0316s.png

 

 

 一部のねじが固く、なかなか苦戦していらっしゃる様子。しかし、無事作業は終了したとのことで、昨日(14日)店長さんからメールをいただいております。近日中に都合をつけて受け取りに行きたいと思います。楽しみです!

 

 ちなみにYSP岡山南さんの店内には、ワタクシの白ではない、他の2色テネレが鎮座しておりますよ。

 

 

IMG_0304s.JPG

 

 

 この2台は現在飼い主募集中(笑)。

 

 手前の黒が直近の入荷分で、奥の青はローダウンローリンクを組んでいるそうです。

 

 黒と。

 

 

IMG_0305s.JPG

 

 

 青です。

 

 

IMG_0306s.JPG

 

 

 青に取り付けられているローダウンシート。

 

 

IMG_0307s.JPG

 

 

 やはりノーマルシートよりは薄いですかね。しかし、グリップ感ありありのシート表皮はノーマルのモノと一緒でしたね。

 

 そして、このLow仕様になったテネレ700に跨らせていただきました。個人的な感想では、足付きの感覚についてノーマル仕様(ノーマルシートかつリンク変更なし)と劇的に変わるとまでは思いませんでした。が、ノーマルだと両足で足指付け根まで接地するワタクシ(身長171.1cm、体重72kg、股下80.5cm)が土踏まずの手前まで両足付くようになるので、効果自体は確実にある、とも言えますね。

 

 YSP岡山南さんでは、このLow仕様はお客さんからの申し出があれば、跨りOKとしてもらえることもあるらしいので、興味がある岡山県人の皆さん。是非この週末はYSP岡山南さんに是非どうぞ。

 

 箱やらグリップヒーターやらセンスタやらてんこ盛り(笑)わがT7号。受領後にまたご案内させていただきますね。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 21:21 | comments(0) | - | pookmark |
T7号を早く初回点検に持っていきたいよ〜!的AM中ソロツー〜やっと1,000km超えました〜

 みなさんこんにちは。

 

 一昨日(7月10日)にJ再開後初の有観客試合を行ったファジアーノ岡山。残念ながら試合は0−2で敗北しましたが、運営はうまく行ったようで良かったです。昨日のJ1・川崎F対柏レイソル戦で、後半頭から昨年までファジで大活躍してくれていた仲間選手が出場。よく味方と絡んで活躍していたので良しとしますか(笑)。

 

 さて、仕事が相変わらず忙しく、次回の週末(7月18日、19日)は休日出勤が見えてきている状況なワタクシ。そうこうしているうちにYSP岡山南さんから、「最後まで入荷待ちになっていたパフォーマンスダンパーが入りましたよ。」と連絡が。7月の4連休は職場に根回しをして休めるようにしていて、泊りのソロツーに出かける予定にしているワタクシ。この4連休までに初回点検とパニア交換をしてもらうしかないのに、来週末の休日は休めるかどうか未定というピンチに。「こりゃあ今週末に残りの224kmを走って初回点検の条件である1,000kmに乗せて、お店に持ち込み初回点検とオプション取付をしてもらうしかない。」との判断に至りました。

 

 次回週末の休日出勤予測が職場リーダーから伝えられたのが一昨日。その日も遅くに帰宅し、深夜にオクサマに事情を伝えたにも関わらず、快く「ツーリングに行ってくればええが。土日のどっちかで行きたい和菓子屋さんに一緒に行ってくれればええわ。」と言ってくれたオクサマに心より謝意を示して、今日の早朝からT7号に火を入れることとしたワタクシなのでした。あ、ちなみに昨日倉敷市にあるその和菓子屋さんに二人で行ったのですが、とっても美味しくリーズナブルでした。また機会があればご紹介します。

 

 ここ最近あちらこちらで天気が悪い日が多く続いていますが、今日は曇り予想の岡山市内。<以下全て TG−620>

 

 

P7120195s.JPG

 

 

 カッパもしっかり持参していますし、何なら途中雨が降ってくれた方が、タイヤを含めたT7号の雨中走行の感想が得られるのでいいか、と開き直って出発することにしましたよ。

 

 

P7120201s.png

 

 

 この時点での走行距離は、と。

 

 

P7120197s.JPG

 

 

 776kmですから、上に挙げた通り本日初回点検に出すには224kmこれから走る必要があるわけです、ハイ。

 

 燃費計測用に使っているトリップメーターはこちら。

 

 

P7120199s.JPG

 

 

 ガソリンはまだまだあるので大丈夫!と思い給油せずスタート。

 

 ご覧の通り曇り空の下の岡山市内は、日曜日の早朝なのでガラガラ。

 

 

P7120203s.JPG

 

 

 非常にいいペースで岡山市街地を抜け、R53を使い北上。旧建部町に入った辺りでR53を離脱、R484を少し走って、お気に入りの広域農道「美作やまなみ街道」に南側から進入です。

 

 

P7120204s.JPG

 

 

  岡山県下には、走りが楽しいワインディングロードとして名だたる広域農道が数々あります。こちらの「美作やまなみ街道」はそんな広域農道の中でも、比較的ストレートが多く、クルーザーなんかでも楽しく走ることができる良い道なんですよ。

 

 20年版ツーリングマップル中国・四国24J5から北へ延びる「広域農道中部台地区」と書いてある農道と、途中から「美作やまなみ街道」と書いてある農道がそれです。地図中にも「高原を縦走。超キモチイイ!」と記されてますが、その通りなんですよ。

 

 

P7120205s.JPG

 

 

P7120206s.png

 

 

 山間を気持ちよく北方面へ走って、津山市の中心街東部に到達したT7号です。

 

 

P7120207s.JPG

 

 

 向こうに見える那岐山など県境の山々には雲がかかっているようですね。

 

 カッパはあるし、大丈夫!と進んでいきます。R53に再合流して津山ICを通過したら、R429に進入して東方向へ。これまたツーリングマップル中国・四国16M5もしくは17A5に「約1.8kmの直線路!」と記されているのはこの辺り。

 

 

P7120208s.JPG

 

 

 この直線路を走った後は、また別の広域農道に入り、R429と再び合流。

 

 

P7120213s.JPG

 

 

 ここからR429を少し東進すると、山間をツイスティなワインディングで抜けていく形となります。なかなか楽しいですが、カーブがきついので、コーナーへの進入時は「しっかり減速」を普段に増して心がけましょう。

 

 そして、何気に先週オクサマリクエストでポロ号にて出かけた、美作市の旧大原町中心部にある旧街道の大原宿の街並みに到着しました。

 

 

P7120218s.JPG

 

 

 こちらはオクサマとお邪魔したカフェですが、この時間はまだ開店していません。

 

 

P7120217s.JPG

 

 

 こちら大原宿は町並み保存がされている美しい街並み。もっと注目されても良いと思いますが、こちらのカフェオーナーさんは「あんまりにぎやかになっても。ほどほどでいいんです。」とのこと。確かに、余りに多くの人が訪れると、それはそれでこの良い雰囲気が崩れてしまうのかもしれませんね。

 

 そんな大原宿に到着時のメーターはこちら。

 

 

P7120215s.JPG

 

 

 時間は7:32、距離は286.2kmを示しています。自宅(岡山市北区西古松)から100.2km、時間は1時間50分かかりました。なお、岡山市街地とR53が日曜早朝で相当快調に流れたため、普段ならばもう少し時間がかかると思われます。

 

 この辺りで先ほど県境に居た雨雲につかまり始めました。降っているか降っていないか分からないくらいの内に、さっさとカッパを着込むのが吉なのは、過去のツーリング時の経験から学んでいます。鳥取道大原ICの入り口で停車して雨準備です。

 

 

P7120221s.png

 

 

 リスタートしようとすると、あらまあガソリンメーターが点滅し始めたじゃありませんか。

 

 

P7120222s.JPG

 

 

 この辺りでは開店しているガソリンスタンドはこの時間ではないようです。先ほどの津山市街地で給油しておくべきでしたか・・・(汗)。

 

 まあ、鳥取道のICを降りた付近にはガソリンスタンドはあるじゃろ。と考えてリスタート。大原ICで鳥取道に乗り、北を目指します。西粟倉ICを過ぎた本格的に雨となりましたが、安定した走行のT7号。県境の志戸坂峠はトンネルで越え、智頭ICで鳥取道を降ります。IC入口にもガソリンスタンドがありますが、R53を少しだけ岡山方面に戻った所にあるENEOS智頭宿SSで給油。Tポイントカードを持っているワタクシには、ENEOSスタンドはいつでも心強い味方なんです(笑)。

 

 

P7120224s.JPG

 

 

 風も強く、悪天候ですね。この時点での給油してからの走行距離はご覧の317km。

 

 

P7120225s.JPG

 

 

 11.83ℓ給油できましたので、燃費は今回26.8km/ℓということになりますね。

 

 智頭IC手前にて小停止。

 

 

P7120226s.png

 

 

 停車しているR53の横を流れる千代川も増水中らしく。

 

 

P7120227s.JPG

 

 

 雨の中、再びリスタート。

 

 

P7120228s.JPG

 

 

 8:19に出発したT7号とワタクシ。智頭ICから再び鳥取道に乗り、鳥取方面へ。用瀬ICで降り、R53を智頭方向へ。雨が本降りです。

 

 

P7120229s.JPG

 

 

 しかし、先ほどの高速道路といい、安定した走りのT7号。純正のタイヤはピレリのオンオブ用ブロックタイヤであるスコーピオンSTRラリーですが、ブロックが大き目なこともあるのか、特段雨天時の舗装路走行で気になるような点はありませんでした。

 

 R482に入り西進。しばらく集落及び佐治川沿いの気持ちの良い道を走り、登りが急なヘアピンを何個かクリアして急激に高度を上げたら、県境の辰巳峠に到着します。

 

 

P7120230s.JPG

 

 

 ここからは我が岡山県。R482は鳥取側のツイスティなワインディングがウソのように緩やかな高原の道となります。この辺りはスキー場としても有名な、旧上齋原村の恩原高原地区。岡山県下では、唯一信州を感じられる場所だとワタクシは勝手に思っていたりします。

 

 

P7120233s.JPG

 

 

 あ。「緩やか」と言いましたが、忘れた頃に急カーブがやってくるので油断は禁物。その後も西進し、R179と合流地点そばにある、「自由に敷地で休憩してください」な上齋原除雪基地に到着したT7号です。

 

 

P7120236s.JPG

 

 

P7120238s.JPG

 

 

 この時点でのメーターはこちら。

 

 

P7120234s.JPG

 

 

 なぜか給油確認用のトリップメーターを以後取り忘れて恐縮となる第一弾です(汗)。時間は9:11ですから、智頭町の智頭ICから52分で到着しています。予定ではここから蒜山に赴き、高速道路で岡山市内に戻るつもりでしたが、この時点で総走行距離が957kmになっていますから、ここからR179とR53で向かっても1,000kmを超えることは確定状態に。よって鏡野方面へ向かうことにしました。出発時のメーターはこちら。

 

 

P7120239s.JPG

 

 

 9:16発ですね。

 

 そして、道の駅奥津温泉などを通過してしばらく行くと左手にあるトイレにてトイレ休憩。

 

 

P7120242s.JPG

 

 

P7120244s.JPG

 

 

 ちなみにこの辺りで、雨の心配はほぼなくなっていました。

 

 そして、メットホルダーを使うとこんな感じですね。

 

 

P7120243s.JPG

 

 

 到着時と出発時のメーターはこちら。

 

 

P7120240s.JPG

 

 

P7120245s.JPG

 

 

 こちらのトイレ休憩時間は6分です。12時台には自宅に戻って、今日快く送り出してくれたオクサマに昼ゴハンを持ち帰りたいところだったのですが、現状は余裕。R179を走って、R53交点にやってきました、の図。

 

 

P7120246s.png

 

 

 ここは当然右折し岡山方面へ。最初少し込み合っていましたが、R429を分ける交差点を過ぎてからはまた順調に流れはじめまして。美咲町に入り、実は朝ゴハンを食べていないワタクシ(笑)は、ファミマ岡山美咲町店に立ち寄りまして。

 

 

P7120250s.png

 

 

 こんなものをゲットです。

 

 

P7120252s.JPG

 

 

 かなりおいしかった「ポケチキ のり塩味」とやら。また今度は他の味も試してみよう。

 

 そして、岡山までもう一息なT7号。ここまで快調な走りを見せてくれています。

 

 

P7120253s.JPG

 

 

 ファミマ岡山美咲町店への到着時と出発時のメーターです。

 

 

P7120247s.JPG

 

 

P7120254s.JPG

 

 

 17分休憩していますね。不要になったカッパをたたんだりしていたとはいえ、少し長い休憩となってしまいました。バイク旅だと休憩時間がついつい長くなってしまうのは何故なんでしょうね?

 

 そして、総走行距離は999kmを示しています。これで1,000kmオーバーは確実。自信をもって(笑)初回点検に出せますな。

 

 この後は時折混み気味になるR53をひた走って岡山市街地へ。

 

 

P7120257s.png

 

 

 無事、YSP岡山南さんに到着です。

 

 

P7120261s.JPG

 

 

 到着時のメーターはこちら。

 

 

P7120258s.JPG

 

 

 おかげさまで、1,052kmと総走行距離が相成りまして。文句なく初回点検対象となりました。

 

 

P7120260s.JPG

 

 

 また、上のメータが示す通り、智頭IC近くの智頭宿SSから144.2km、時間は休憩時間の28分を除いて智頭ICから2時間18分かかったことになりますね。なお、智頭宿SSと智頭ICは数百メートル離れています。

 

 

P7120259s.JPG

 

 

 ちなみにエンジンを切った直後のエンジン温度が108℃となっていますね。

 

 ここでT7号のエンジン熱について少し語りますと。ファンが回っている時は07号と同じく106℃以上になることはありません。また、肝心のライダーへの熱の伝わり方をご説明します。スタートしてしばらくしたら、エンジン温度に関係なくじんわり熱を足(特に右足)に伝えてきます。がその後、ファンが回るような温度になったからといって、「じんわり熱が伝わる。」程度からあまり変化はありません。ただ、ワタクシはペアスロープさんが以前販売していた21OZジーンズという分厚め生地を使ったライディング用ジーンズに加え、クシタニさんの革ブーツであるネオブーツを使っていますから、薄手のパンツと普通の靴とかだったら、もう少し感じ方が違うかもしれませんね。何にせよ、以前の愛車であった、アルミフレームを使っていたWR250Rの右足かかと熱攻撃よりよっぽどマシだとお伝えしておきますね。

 

 また、前記事でも書いた、気持ちクラッチが重いという話については。

 

 07号と同様、クラッチアームを初回点検時に交換して対策とします。基本純正のクラッチでもいいのですが、ツーリング終盤に握力が落ちてきた辺りでは、やっぱり少しでも軽い方がいいので対応することにしました。こちらも楽しみです。

 

 最後に。マニュアルに「慣らし中は6,000回転までに抑えてください。」と書いてあるので真面目に守り(笑)、1,000kmを越えた後に少しばかし回してみたところ。

 

 あらまあびっくり。6,000回転から8,000回転辺りでもんげーパワーがでるじゃねえかぁ!!。エンジン音もいきなりパワフルに!。元々低回転時も07号のエンジンと比べてトルクフルですが、あくまでジェントル。しかし、それは本性を隠したいわゆる「羊の革を被った狼さん」だったのですな。

 

 ワタクシを飽きさせませんな、T7号さん(笑)。今後もよろしくです。

 

 そして皆さん。テネレ700、いいバイクですよ!。この前も言いましたが、足付きさえどうにかなれば強く勧めたいですね。展示車もあちこちのお店にあったりしますし、試乗会もあちこちのYSPで開始する様子。お世話になっているYSP岡山南さんでは、試乗は9月5日に実施されるようです。興味のある方々。是非体験されてみては。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 23:37 | comments(0) | - | pookmark |
和気町のぶどう園で癒されました〜友人のお父さん自慢のぶどうの袋掛けをお手伝い〜

 みなさんこんにちは。

 

 昨日と今日の梅雨前線活発化に伴う大雨では、九州南部では大きな被害が出てしまいました。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。コロナ禍でもあり、なかなか厳しいですけれど、少しでもみんなで手を取り合って頑張っていきたいです。

 

 さて、本日(7月5日(日))は以前から約束していた職場の知人のご実家のぶどう園にお邪魔し、作業のお手伝いをしてきました。

 

 場所は我が家からポロ号で1時間半弱の岡山県和気町にありまして、このようなのどかなところです。<以下しばらく PowerShot G16>

 

 

IMG_0285s.JPG

 

 

 こちらのビニールハウスが、この3月末まで5年間同じ部署で働いていた同僚でもある友人Kさんのお父様が運営されているぶどう園でして。

 

 

IMG_0289s.png

 

 

 こちらを訪ねたのは、ウチのオクサマが以前から農作業に興味を持っていて、それをKさんに話したところ、お父様に話してくれて、この日のぶどうへの袋掛け作業へ夫婦で参加させていただくことになったという次第です。

 

 オクサマもワタクシも実家は農家ではありませんので、このような農作業体験は初めて。<以下しばらく iPhone>

 

 

IMG_2178s.JPG

 

 

 お父様が栽培しているぶどうは、シャインマスカットと瀬戸ジャイアンツという二種類のぶどう。どちらも岡山県南では有名な販売所である農マル園芸さんでも販売しています。

 

 今日は天候もちょうど曇りで暑くもなく、作業しやすいという幸運にも恵まれましたよ。

 

 作業はKさん、お父様、お父様が所有する建物を賃借されて住んでいるAさん、そしてワレワレ夫婦の5人で実施。時折話をしたりしながら楽しく作業を進めて1時間半経過して12時に。

 

 勝手にこちらが押し掛けたも同然なのに、お昼はお父様のご厚意で出していただきありがとうございます、でハウス内のランチです。

 

 

IMG_2190s.JPG

 

 

 気持ちの良い作業後のゴハンは美味い!

 

 そしてお父様のご自宅のご近所さんの奥様が、朝こちらののぶどうをジャムにした上で、サンドにして持参してくださいまして。こちらも美味しく頂きました。

 

 

IMG_2192s.JPG

 

 

 お父様曰く、収穫は8月20日頃でこの時期はまだ酸味が強め、とのことでしたが、このジャムは甘目のクリームと合わせてパンサンドにしており、かえってよく合っていましたね。

 

 パワーを補充し作業再開。

 

 みんなでサクサク作業を進めていきますが。

 

 途中、お父様が「今年はいい出来なんじゃ。」とおっしゃられる通りの立派な出来のシャインマスカットに思わず目を取られ、ポケットのスマホでパチリ。

 

 

IMG_2199s.JPG

 

 

IMG_2213s.JPG

 

 

 数多くの房に袋掛けしましたが、どれも粒ぞろいよく、立派なぶどう達でしたよ。

 

 足元に育っているトマトまでステキ。

 

 

IMG_2198s.JPG

 

 

 ハウス内の他の様子と。

 

 

IMG_2215s.JPG

 

 

 作業中のオクサマと友人と。

 

 

IMG_2218s.png

 

 

 日々の激務で疲労したココロが癒されて嬉しいダレカサンであります(笑)。

 

 

IMG_2214s.png

 

 

 作業は無事16時過ぎに終了。

 

 改めて立派なぶどう達をご紹介。<以下2枚 PowerShot G16>

 

 

IMG_0292s.JPG

 

 

IMG_0294s.JPG

 

 

 どうです、素晴らしいでしょう。

 

 優しく迎えてくださったKさんとお父様、Aさんのおかげでとっても楽しく作業が出来たワレワレ夫婦。農作業に興味のあったオクサマは大満足、さらにワタクシもとても気持ちよく過ごすことができかつ素晴らしい気分転換ができて、やっぱり大満足。

 

 また機会があれば、是非いろんな作業に参加させていただきたいな、というのが我が家の共通見解です。

 

 そして、今年の岡山産シャインマスカット及び瀬戸ジャイアンツという二種のぶどうの出来が良いのは身をもって体感済なので、先ほどの農マル園芸さんなどの直売所や、スーパーなどの店頭に並ぶであろう8月下旬には、是非是非みなさまお手に取っていただければこれ幸いです。

 

 それにしても、農作業はいいなぁ。新発見です。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 22:43 | comments(0) | - | pookmark |
07号、ありがとう!〜不満点が見当たらない万能バイク〜

 みなさんこんにちは。東海地方では記録的な雨となる恐れもあると報道されている6月30日の夜。どうか大きな被害が出ないことを心より祈りたいと思います。

 

 さて、T7号納車からツーリングなどの記事をアップしているワタクシですが、増車ではないため、14年からお世話になった07号とはお別れになってしまいました。

 

 07号はT7号契約時に下取りとしてYSP岡山南さんに売却することとなっていたのですが、お店の厚意でテネレ700発売延期後も手元に置かせていただいておりました。しかし、今月13日にYSP岡山南さんに持参し、お別れとなりました。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_9960s.png

 

 

 お別れ時の走行距離はこちら。

 

 

IMG_9956s.JPG

 

 

 6年弱で26,078kmですか。導入後はオフ車(WR250R→セロー225)との2台体制かつ通勤利用無しだったので、余り距離が伸びませんでした。

 

 しかし、この07号とは本当に色々出かけました。

 

 納車時に一気慣らしツーリングと称して能登半島1泊2日ソロツーや、阿蘇・四国3泊4日ソロツー、439ワンデイほぼ完走ソロツー、さらにはYSP岡山南さんやOさんたちとのマスツーなどなど。さらには最後の2年間は通勤にも平日毎日利用。仕事で嫌なことあっても、その軽やかな乗り味で気分転換させてくれていました。

 

 テネレには昔から憧れがあるために、それに抗うのはどうしても難しく、T7号とのバトンタッチとなってしまった07号。

 

 しかし、その絶対的正義と言ってもよい軽さと、扱いやすいエンジン特性や素直なコーナーリングが秀悦。トコトコ走っても、回して走っても、どちらでも楽しいのも特筆すべき点です。この記事を書くにあたり、色々ネガな点はなかったか考えてみたものの、未だにこれといった不満が思い浮かばない、良いバイクです。

 

 個人的には、MT−09よりMT−07の方が飽きが来ないしいいのではないか、と思っています。

 

 今後もヤマハには、新車販売をずっと続けていってもらいたいですね。

 

 ありがとう、07号!

 

 新しいオーナーに可愛がってもらってよね〜!!

 

 

IMG_9961.png

| irisno2 | 21:05 | comments(0) | - | pookmark |
大のお気に入り・T7号の最近あれこれ〜洗車したり、近場プチツーしたり、お気に入りのメット現物を見つけたり〜

 みなさんこんにちは。

 

 待ちに待ったJリーグ再開!昨日はJ2が行われ、我らがファジアーノ岡山は山口さんを迎え撃ちました。みなさんご承知のところであるコロナ禍の影響でリモートマッチ(無観客試合)だったこの試合。テレビせとうちさんの放送を当然観たわけですが、0−2から追いついての2−2。プレーオフが無くなった今シーズン。少しでも勝ち点を積み重ねることがJ1昇格のキーになると思われますが、昨日は山口さんにとっても渇望していた試合再開ですから、引き分けで良かったのではないでしょうか。内容的には押し気味に進めており、かつ勝ち越して引いていた山口さんの守備を破っての同点ですから、今後に期待したいです。

 

 久々かつ懐かし!?のファジ話はこのくらいにして(笑)。

 

 この間の土佐ワンデイツーリングで、大のお気に入りとなったT7号。

 

 先週末の日曜日に早速洗車したり。<以下しばらく PowerShot G16>

 

 

IMG_0255s.JPG

 

 

IMG_0254s.png

 

 

 ちなみにいつも洗車で利用しているこの自宅から数キロの所にある洗車場。ずっと300円だったのですが、1年ほど前に100円値上がりし、さらに今回お邪魔したらまた100円値上がり。洗車業界もなかなか厳しいんですかね。

 

 この洗車時にアップにしてみたノーマルタイヤ。

 

 

IMG_0256s.JPG

 

 

 ピレリのオンオフタイヤであるスコーピオンラリーSTRが標準装備なんですが、高速道路走行を含めた舗装路でもなかなか快適に走れますね。ワタクシとしてはこのタイヤが減ってしまったら、同じくピレリのもう少しオン寄りのタイヤに替えようか、と考えていたのですが、ライフが良ければまたこのタイヤでもいいかな、と思い直したりしています。

 

 そして何とかほとんど雨が降らなかったこの週末。さっさと初回点検を受けるべく(笑)、家事等の時間が空いたところを見計らってT7号を近場で遊んできましたよ。

 

 まず27日(土)は起床後すぐにお出かけ。

 

 

IMG_0258s.png

 

 

 出発時のメーターはこちら。

 

 

IMG_0259s.JPG

 

 

 599kmですから、あと401km足りませんな。

 

 自宅から実家方向に走り、毎度の舗装林道を抜けて、王子が岳へ。

 

 

IMG_0262s.JPG

 

 

 この後も特徴的なヘアピンが続く山道を駆け降り、倉敷市児島地区の市街地を抜けまして。

 

 下津井地区の海際にあるツイスティな対向2車線部分にて、瀬戸大橋とT7号です。

 

 

IMG_0264s.JPG

 

 

 引き続き、岡山県では有名なワインディングである鷲羽山スカイラインにT7号で初走行。

 

 

IMG_0268s.png

 

 

 最初の土佐の国ソロツーでも感じた、リーンアウトを多用する、的ないわゆる「オフ乗り」で走るとより快調にワインディングを駆け抜けてくれるT7号。

 

 それにしても、ここ鷲羽山スカイラインは、ご覧の通りの北側部分が水島の街やコンビナートを一望出来て、素晴らしい眺めです。

 

 

IMG_0269s.JPG

 

 

 脇見にはくれぐれもご注意を。

 

 そんなこんなで朝の県南を楽しんで走行した後に帰宅。

 

 

IMG_0273s.JPG

 

 

 この日の朝練!?は約2時間の走行で、距離は85kmとなりまして。

 

 明日も時間があれば行きますか!なT7号です。

 

 

IMG_0276s.JPG

 

 

 そして翌日も午前中は家事にいそしみまして。午後から時間が出来、オクサマが気持ちよく送り出してくれたため、昼過ぎに再びT7号と再会ですよ。<以下しばらく TG−620>

 

 

P6280149s.JPG

 

 

 昨日までにご覧の通りトータルで684km走っています。

 

 しかし。天気予報は晴れだったのですが、どう考えても怪しい空模様。

 

 

P6280150s.JPG

 

 

 梅雨だから仕方がありません。

 

 雨合羽はザックの中に入れていますから気にせずスタート。岡山市街地では、岡電バスさんのチャギントン号とばったり。

 

 

P6280153s.png

 

 

 少し前から路面電車でチャギントン号が走り始めたここ岡山市内ですが、確かに街で出会ったら驚きますよ。

 

 渋滞する桜橋上で旭川上流を望む、の図。

 

 

P6280154s.JPG

 

 

 少し雲が切れてきましたかね。

 

 その後、旭川の土手を下り、児島湾大橋を渡って小串地区に向かって貝殻山スカイラインを走るという、YSP岡山南さんの試乗車慣らしコースを走ったT7号。市街地走行なのであまり回転数はあげられません。07号(14年式MT−07ABS)とはエンジンは同じで、マッピングのみ変えているものと思われますが、低回転でもストレスがないのは双方変わらず。ただ、トコトコ走るようなシチュエーションでは07号の方がより楽しかったような気がします。エンジンに粘りがあるのはT7号の方なので、ワタクシの感覚的なものに過ぎないとは考えますが。

 

 貝殻山のワインディングでは最初ペースがつかめませんでしたが、昨日と同じく「オフ乗り」にしたら水を得た魚のように急にイキイキしてきたT7号。「やっぱ楽しいや。」と思っていたら、毎度の撮影ポイントに到着です。

 

 

P6280157s.JPG

 

 

P6280158s.JPG

 

 

 WR号(09年式WR250R)や07号も美しかったんですけど、このT7号もやっぱり美しいですぞ!

 

 そして。ワタクシが絶賛し続けているこのノーマルシート。

 

 

P6280159s.JPG

 

 

 やっぱり素晴らしい出来であることを昨日今日で再確認。コシ感が素晴らしく、お尻に本当に優しいんですよ。ヤマハは今後の二輪シートはこの構造を使うべき、と言い切りたいくらいなんですよ、マジで。

 

 この後にある、長めの下りが終わった直後に道が右にひねってから登りになった直後にあるギャップ(ワタクシは勝手に「ポンギャップポイント」と呼んでます・笑)はサスの動きが良く分かるポイントなんですが、T7号のサスはビシッとしていて、一発で振動を抑え込んでくれながらも、受ける力のいなし方も良く、ライダーの体に変な衝撃を与えることもなかったです。なかなか優秀なんじゃないでしょうかね。

 

 その後の道幅狭目の超クネクネツイスティな疑似舗装林道部分では250ccのオフ車感覚でコーナーに飛び込む度に「700ccじゃったわ、T7号はぁ!」と最初うなっていましたが(汗)、すぐに慣れて快調に次々とコーナーをクリアして、貝殻山スカイラインを終了。

 

 その後、玉野市の市街地を走ります。

 

 R30のループ橋では四国が見えたり。

 

 

P6280163s.png

 

 

 最近艦艇部門が三菱重工に売却されることが発表された、玉野市民には馴染みが深い造船所(三井E&S)を見ながら市街地走行を継続。

 

 

P6280166s.png

 

 

 市街地走行では、足付き(ライダーの身長は171.2cm、体重72.5kg、股下80.5cm。T7号はノーマル仕様。)も慣れてきたことがあるのか、なじみのある懐かしい団地なんかも行ってみたりしたのですが、ごく低速で団地内を行ったり来たりしても安定感のあるシャーシと粘りのあるエンジンのおかげで、ふらつきやエンストの心配は全く問題ナッシングでした。

 

 そして、玉野市渋川から倉敷市児島唐琴までの、R430で一番眺めが良い区間に到達。

 

 

P6280174s.JPG

 

 

P6280172s.JPG

 

 

 この辺りの備讃瀬戸の眺めは本当に素晴らしく、この辺りに来られるバイク乗りの方は、是非コースに入れていただきたい所ですね。

 

 R430で備讃瀬戸が楽しめる区間は、20年中国・四国版ツーリングマップルでは47G4の辺り。さらに言えば、僭越ながらあちらこちらで瀬戸の眺めを観てきたワタクシが、瀬戸の海に関する眺望で一番素晴らしいと考えている、備讃瀬戸の風景が一望できる王子が岳もこの辺りです。おしゃれなカフェもあったりしますから(※20年6月末現在。最新情報は訪れる際に各自ネット等でご確認ください。)、是非そこで休憩していただければと思います。

 

 この後、児島唐琴から昨日下ったワインディングを登り、独特のヘアピン二つを今度は駆け上がってから、王子が岳の手前で左へ。ツーリングマップル47G3及びF3で「尾根沿い展望GOOD」と書かれている才の峠に繋がるワインディングを通過(※実際は樹木が伸びてきており、眺望はまあまあです。)。我がふるさとの玉野市荘内地区と、十八盛酒造さんがある倉敷市児島田の口地区を繋ぐ加茂路峠に到達。

 

 

P6280178s.JPG

 

 

 厄除けで地元岡山では有名な由加山に繋がるこの先のr268は狭路になるのですが、途中このような印象的な竹林があったりします。

 

 

P6280182s.JPG

 

 

 讃岐の国にある有名な金毘羅山と対になる神社仏閣である由加山を通過。峠を下って気持ちの良い大きなカーブを抜けたら、倉敷市の林地区。下った後のストレートが印象的。

 

 

P6280186s.JPG

 

 

 この後r21を岡山市方面へ。途中岡山市庭瀬地区に出て、旧R2に出た所で休日夕方恒例の大渋滞に巻き込まれるワタクシとT7号。

 

 

P6280189s.JPG

 

 

 超低速域でのストップアンドゴーの性能を試すべく、あえてすり抜けはせず(※普段もすり抜けはほとんどしませんが。)約15分ほど渋滞に付き合ったワタクシとT7号。やっぱり超低速域での車体の安定感と低回転域でのエンジントルクのおかげでふらつきやエンストの心配がなく、渋滞が苦にならなかったですね。エンジン熱については、渋滞に関係なく早い段階からじんわり感じるのですが、渋滞にはまってファンがまわるような状況でも、熱量がじんわり増したかな、と感じる程度。クラッチについては、この間の土佐の国ソロワンデイツーのような超長距離走行の終盤、なんていうシチュエーションではないためか、クラッチを繋いだり切ったりを繰り返しましたが、手に痛みを感じるようなことはありませんでした。

 

 そうそう。渋滞の後に立ち寄ったバイクワールド岡山久米店さんでですね。

 

 

P6280191s.png

 

 

 ただいま狙っている、こちらのヘルメットを発見!<以下しばらく iPhone>

 

 

IMG_2154s.JPG

 

 

IMG_2153s.JPG

 

 

 ワタクシが信頼してやまない、アライさんが新発売した、ラパイドネオ・オーバーランドです。このメットはバイク好きのデザイナーである加藤ノブキさんがデザインしたモデル。ご覧の通り、クラシックオフ用メット的デザインになっているのが特徴。

 

 

IMG_2155s.JPG

 

 

IMG_2156s.JPG

 

 

 ゴーグル着用風になっているのがミソ。

 

 調子に乗って試着するダレカサン。

 

 

IMG_2148s.png

 

 

IMG_2150s.JPG

 

 

 今日着ていたクシタニさんのフルメッシュジャケットがグリーンだったので、相性が良い感じです。

 

 ついでにモダングレーのラパイドネオも着用。

 

 

IMG_2157s.png

 

 

IMG_2159s.JPG

 

 

 これはこれで悪くないような気もしますな(笑)。

 

 「オーバーランド、買おうかな!」と楽しい気分になってお店を後にしようとしたところに、お店の方二人がT7号で出発準備をしていたワタクシの元へ。彼らもテネレ700を見るのは初めて、とのことで、色々と質問を受けました。特にその内のお一方はオフ乗りの方でして、林道への長距離移動を考えると、テネレ700はどうだろう、と考えておられるようでした。「足付きがなんとかなれば、素晴らしいバイクですよ!」としっかり宣伝しておきましたよ、YSP岡山南の社長様及び店長様(再笑)。

 

 その後は自宅に向かい東進。再び自宅付近で渋滞になりファンが回るエンジン温度103℃のT7号。<再び TG−620>

 

 

P6280192s.JPG

 

 

 やはり、このような時のエンジン熱はじんわり熱い程度で我慢できる範囲ですね、個人的には。ただ、ジーンズとしては超厚手のペアスロープさんの21OZジーンズとクシタニさんのネオブーツの組み合わせですから、普段着的な格好だと、熱さがキツイと感じる方もおられるかも。

 

 そんなこんなで今日も楽しく走り、自宅着。

 

 

P6280194s.png

 

 

 本日終了時のメーターはこちら。

 

 

P6280193s.png

 

 

 行動時間は3時間弱、距離は94kmですね。

 

 今回は市街地走行が多くなりました。文中でも触れていますが、足付きについてはワタクシのスペック(身長171.2cm、体重72.5kg、股下80.5cm)では何とかなる印象です。車体の安定感やエンジン低速域でのトルク感もありますし、細身の車体であることやエンジン熱もそこそこで済むことを加えて考えると、足付きさえどうにかなれば、市街地は得意と言えるのではないでしょうか。

 

 やっぱり楽しいT7号。ついつい文章が長くなってしまい、申し訳ないです(汗)。

 

 初回点検の条件1,000km走行まであと一息。頑張ります!?

 

 それでは、また。

| irisno2 | 23:22 | comments(0) | - | pookmark |
テネレ700納車からの翌日即慣らしワンデイツーリング〜ダート以外のあらゆる所を585km走りまして、の巻〜

 ※本記事は普段に増して長文です。今回のロングソロツーにおけるワタクシのテネレ700感想等のみ読みたい方は、太字部分を参照になさってください。

 

 みなさんこんにちは。

 

 さて、日本国内でもやっとこさデリバリーが始まったヤマハのテネレ700。ワタクシのテネレについても、YSP岡山南さんに入荷しておりまして、前記事にて足付き等ご紹介したところでございます。

 

 その次の日(19日(金))に何とか仕事の都合をつけて、閉店前のYSP岡山南さんを訪問。代車のアクシストリートをお返しして、ご覧の通り納車を受けました。<以下しばらく PowerShot G16>

 

 

IMG_0018s.png

 

 

 ゴマンエツのirisno2氏でございます(笑)。

 

 これから何度も言いますが、後ろ姿も美しいんですよ。

 

 

IMG_0029s.png

 

 

 ちなみに、テールランプのすぐ前にある、手が掛けやすくしているパーツはこちら。

 

 

IMG_0025s.JPG

 

 

 そして、店長さんからヤマハからのお詫びです、ともらったコーヒーミル。

 

 

IMG_0030s.JPG

 

 

 ネット上でウワサになっていましたが、ホントに配布してたんですね。

 

 本来、仕事の都合でこの日になるか次の日(20日(土))になるか分からなかったテネレ700の納車。19日で何とかなりましたので、翌日の行動範囲が大きく広がりました!

 

 ちなみにリアボックスなどのオプションは月末になるとのことで、納車時は前の07号から移植したETCとナビステーのみ装着。Low仕様用のパーツのみ来ていたのですが、これも前記事の説明通りノーマルでもいけたため装着せず。

 

 そして翌日の20日(土)。梅雨の中休みなのか、見事予報が当たり雨は心配ないお天気です。

 

 先日ガソリンは満タンにしていたので、後は出発するのみ、のT7号です。

 

 

IMG_0037s.JPG

 

 

 中免(普通免許)を取って最初に購入したWR号(09年式WR250R。ローダウンのハイシート仕様で乗ってました。)よろしく、リアのラインが美しいT7号です。

 

 

IMG_0035s.png

 

 

 出発時のメーターはこちら。

 

 

IMG_0031s.JPG

 

 

 走行距離はこの時点で7km。

 

 ちなみに自宅の駐輪場から自宅前道路までは、途中クランク有で20mほど押して歩かなければならないのですが、重心が高くボディが大き目なため、クランク通過時は身長171.1cmのワタクシで少し取り回しにコツがいる感じ。しかし、重さがそこまでではないため、押し引きが苦になるほどでもないことを併せて報告しておきます。

 

 そして。ステップに乗ってT7号に跨り、火を入れます。エンジン音は、この前の愛車である07号(14年式MT−07ABS)とエンジン形式自体は一緒であるものの、マフラーの差なのか、歯切れのいい元気のいい音がします。

 

 ワタクシの体格(身長171.1cm、体重72.5kg、股下80.5cm)では両足指の付け根の関節まで接地するため、問題なく発進。

 

 それなりに混んでいる土曜日の朝の岡山市街地を、早島インターチェンジを目指して走っていきますが、低回転域でもトルクを感じるエンジンで、07号より粘りがあるのではないか、と思いました。また、WR号などのオフ車の時は感じていた、絶対的なアイポイントの高さ。通勤時などの混雑した市街地ではいち早く回りの状況をキャッチできる優位性を思い出しました。

 

 途中の信号ストップも問題なくクリア。「やっぱノーマルのままでよかったわ。」と思いながらR2バイパスを走り、到着したのがこちら。<以下しばらく iPhone>

 

 

IMG_1973s.JPG

 

 

 岡山の方でなければ「ここってどこですか?」状態ですよね(笑)。ここは早島IC入口。ここから瀬戸中央道に乗って、一路四国を目指すのです。遂に県外移動も解禁になりましたので、愛しの四国をT7号の慣らし舞台とさせていただいた次第です。

 

 前日(19日)読んだマニュアルでは、慣らし期間中は回転数は6,000回転まで、と書かれています。よって、それ以上は回さないようにしてギアを上げていきますが、十分な力を発揮してくれるT7号のエンジン。モタモタすることもなく、本線にきっちり合流。その後も快調に走りながら、毎回その偉大な姿の瀬戸大橋と、美しい備讃瀬戸を満喫しながら海を渡り、今年1月以来の四国上陸。久々です。坂出料金所を通過して坂出JCTを右へ。高松道を愛媛方面へ。豊浜SAの辺りで右手に見える瀬戸の海に再び感動しながら愛媛県に進入。川之江JCT、川之江東JCTと続けて通過し高知道へ。数多くのトンネルで四国山地を貫き、高知平野へ。自宅を出て3時間弱。ずっと走り続けて四万十町中央ICで降りて第一目的地である高知県四万十町にある、JR四国と土佐くろしお鉄道双方の駅である窪川駅に到着しました。

 

 

IMG_1975s.png

 

 

 四万十町庁舎は新築なのかとってもモダンな建物です。

 

 そして、この時点でのメーターはこちら。

 

 

IMG_1974s.JPG

 

 

 到着が9時23分、距離が222.0kmを示しています。スタート時は給油してからの1.9kmでしたので、自宅からここ窪川駅までは2時間43分、距離が221.1kmということになります。

 

 まず、この時点でT7号にびっくりさせられたことがあります。何といっても高速道路移動がとても快適であることです。

 

 車体が安定していてフラフラしないこと、風防がきちんと機能していること、いい意味で力強さを感じさせてくれるエンジン。さらにここを強調したいのですが、素晴らしい出来のノーマルシート。

 

 このシート、当然オフ車的シートですので、お尻は痛くなるよね〜、と覚悟していたのです。しかしですよ、しかし!。適切としか言いようのない絶妙なコシがあって座り心地がとってもよくお尻に優しいのですよ。2時間43分乗りっぱなしだったのに、全くお尻が痛くないんですよ、ホント。WR号に装着していたWR250R用ハイシートはもちろんのこと、さらには07号に装着していたオプションのコンフォートシートより出来は上だと感じています。

 

 テネレ700は車高が高いとネット上で話題で、Low仕様にするという方が多いように見受けられます。ノーマルでもLowでもどちらを購入しても双方のリンクとシートがついてくると思うのですが、ノーマル仕様で車高が気になる方は、リンクのみLow仕様に組み換え、シートはノーマルで乗る、というのをまず試されることをおススメしたいです。

 

 ちなみに窪川駅に到着したT7号。これも新しく整備された駐輪場で一休みとなります。

 

 

IMG_1978s.JPG

 

 

 ここから人間はJR四国の予土線に乗車。

 

 そう。鉄分豊富なワタクシは、ただでさえ超ローカルな予土線がコロナ禍で厳しい状況に置かれているだろうと考え、通常切符でここ窪川駅から江川崎駅まで往復することとしたのです。

 

 この鉄道道中はまた別記事で後日紹介するとして、今回は一部写真のみ、箸休め的にご紹介します。<以下しばらく PowerShot G16>

 

 

IMG_0050s.JPG

 

 

IMG_0098s.png

 

 

IMG_0106s.JPG

 

 

IMG_0121s.JPG

 

 

IMG_0160s.JPG

 

 

 窪川駅9時40分発宇和島行に乗車。高知県四万十市(旧西土佐村)の江川崎駅に10時34分着。ここで折り返し、宇和島からやってきた列車に乗り込み10時43分江川崎駅発。途中の土佐大正駅で22分停車したりしながら、窪川駅に12時6分に戻ってきたのでした。

 

 ローカル線は何せ本数が少なく便が悪いんです。岡山から鉄道のみで行くのはちょっとしんどい。バイクツーリングと組み合わせれば、ラクに狙った路線のみ乗車できますし、体的にも休憩タイム的になりかつ目先が変わって気分転換もできます。「一粒で二度おいしい」的であり(笑)、なかなかよいなと感じた次第です。

 

 窪川駅に戻ったワタクシ。T7号を駐輪場から出しますが、やはり車体は大きいものの、苦労するほどでもなく取り回しを行って車道に出しまして、昼食に狙っていた窪川駅近くの焼肉屋さんへ。

 

 その名は満州軒さん(※情報はヤフーなどの検索エンジンで「窪川 満州軒」などと入力すれば、食べログ等ですぐにヒットします。)。

 

 

IMG_0229s.png

 

 

 この日は土曜日で、12時30分というちょうどお昼時の時間だったこともあるんでしょうが、店舗前の駐車場は一杯。T7号はバイクなので、ご覧の通り邪魔にならない敷地内に停めさせてもらえてラッキー。

 

 こちらは普通の焼肉も美味しいそうなんですが、「ジャン麺」というのが有名だそうで。これを頂きに来たのでした。メニューなどは下の通りです。<以下しばらく iPhone>

 

 

IMG_2024s.JPG

 

 

 ※定休日は日曜日のようです。最新情報は上の通り、検索エンジン等でご確認くださいませ。

 

 

IMG_2025s.JPG

 

 

IMG_2026s.JPG

 

 

 ちなみにこのジャン麺(メニューでは「満ジャン麺」)なるもの。ネット上では「とっても熱いので、夏場は汗だくに。」なんて書いてあるのを見たりしていたのですが、味は格別とのこと。この日もこの時点で30℃近い気温でしたが、地元で有名でかつあまり他の地域で聞いたことがない品ですので、ここはチャレンジすることにしたのでした。

 

 注文して数分でやってきたジャン麺はこちら!<以下しばらく PowerShot G16>

 

 

IMG_0219s.JPG

 

 

 見た目は具沢山のあんかけ風中華スープ?の体ですな。底に麺があります。

 

 

IMG_0222s.JPG

 

 

 そして「夏だと食べるのにも苦労する。」という方もいるらしいその熱さでしたが、ワタクシ的にはいたって普通。全然普通のラーメン程度でした。そのお味はというと。これがとってもうま〜!なんですよ。あんかけがちょうどよい辛さでかつ単純に美味いんです。体がシャキっとする良質なスタミナ料理、といった感じ。こういった料理は辛味が強いものが多く、麺やお米なしで食すとのどがヒリヒリしてせき込みまして・・、というのが定番だったりしますが、こちらはそんなことはありません。

 

 ちなみにレンゲが特徴的だったのでパチリ。

 

 

IMG_0223s.JPG

 

 

 スープ(あんかけ)用と、具をよそう用に分かれていて。さらにはどんぶりに沈没しないように(笑)フックが付いているのが心憎い心配り。

 

 

IMG_0226s.JPG

 

 

 このレンゲを駆使して、しっかり完食の巻。

 

 

IMG_0227s.JPG

 

 

 このジャン麺。お値段はこちら。

 

 

IMG_0228s.JPG

 

 

 普通の定食も美味しいそうですし、ジャン麺ではなくジャン飯もあるようですから、そちらもいいかも。また次回この辺りを訪ねた際にはリピしたいです。

 

 人間の燃料も注入した後は、バイクツーに復帰。次の目標を達成するため、四万十町を後にします。満州軒を発進するときのメーターです。<以下しばらく iPhone>

 

 

IMG_2040s.JPG

 

 

 メーターを見ると、窪川駅から満州軒さんまでは、わずか500mほどですね。

 

 そして、R56を四万十市方面へ。途中一部だけ出来ている高知道(無料)を利用したり、1年半ほど前に07号で通過した際には工事中だった黒潮町市街地内の改良工事が完成後のR56を通り、四万十市中心街(旧中村市街地)のR56とR439交点に到着です。

 

 

IMG_2041s.JPG

 

 

 メーターはこちら。

 

 

IMG_2042s.JPG

 

 

 四万十町の旧窪川町中心街にある満州軒さんから、ここ四万十市中心街(旧中村市街地)までは、50分で距離は44.2kmでした。

 

 ここから、先ほど触れた1年半ほど前に07号でチャレンジした「酷道439」走行ですが、今回は「逆439」(※勝手にワタクシが名付けただけです・汗)として、ここ四万十市439終点から、行けるとこまで(想定では大豊町のR32交点もしくはすぐ近くの高知道の大豊ICまで)行っちゃろう!と思い付き、実行したのです。

 

 逆側にちょうど良くENEOSのセルフスタンドがありましたので、そちらにピットイン。<下の1枚のみ PowerShot G16。その後再び iPhone>

 

 

IMG_0231s.png

 

 

 そして冒険前の給油を行った後、人間もシャキっとすべくこちらを注入。

 

 

IMG_2047s.JPG

 

 

 このバス停がガススタ前にあったりします。目印に。

 

 

IMG_2045s.JPG

 

 

 この439の高知県部分を説明しますと。出発点(国道439号としては終点)の四万十市街地からしばらくは普通の対向2車線であるものの、その直後から始まる杓子峠越え部の、いかにも「酷道」の呼び名にふさわしい、ガードレールもなくセンターライン付近に苔が生えているような、ほとんどの部分でクルマ対向不可なバイクでもかなり泣きそうになるくらいの悪路グネグネ狭窄路で冒険心を満足させます。それをクリアすると次はワタクシの大好物な四万十町土佐大正過ぎから津野町(旧東津野村)のR197交点までの途中の一休み部的な対向2車線部を除くと、延々続く1〜1.5車線の舗装林道的狭路が襲い掛かり楽しめます。その後は矢筈トンネル手前(津野町側・四万十市終点側)に残る狭路以降は、通常の気持ちの良い対向2車線ワインディングが大部分で大豊町のR32交点(すぐ近くに高知道の大豊ICがあります)まで至ります。あ、ちなみにR32と共用部分を過ぎて、高知県と徳島県境を隔てる京柱峠に至る439もガッツリ酷道なのでハードです。今回は時間的都合で割愛しますが(笑)。

 

 20年ツーリングマップル中国四国版で言うと、スタートは96C1辺り。極悪路!の杓子峠越えは94C2→C4、長々続く舗装林道的狭路部分が90D6→E2、矢筈トンネルは83G7、ゴールは77L4辺りとなります。

 

 このように、様々な顔を見せる439を新たに手に入れたテネレ700(T7号)で走り切ることは、その特性を見極める上で極めて大切なことである、と判断して慣らしで走り抜けることとした次第です。・・ただの変態、とも言いますかね(笑)。

 

 コーヒーでシャキっとした乗り手を乗せたT7号はスタートの交差点すぐのガススタを出発。

 

 

IMG_2049s.JPG

 

 

 旧中村市街地を抜けていきます。

 

 

IMG_2052s.JPG

 

 

IMG_2053s.JPG

 

 

 今回はまっすぐですが、この先の信号を左折すると、午前中鉄道で訪れていた江川崎(旧西土佐村)に至ります。昨春07号で通った道ですね。

 

 しばらくペースカー(軽トラ)に先導されたりしながらのんびり走り、杓子峠越えの入り口に到着です。

 

 

IMG_2059s.png

 

 

 1年半前には、徳島県から走ってきて、夕方この看板を07号と一緒に見たものです。

 

 

IMG_2060s.JPG

 

 

 昔からある看板なのでしょうね。自治体名が平成の合併前の表記です(中村市と大正町になっています)。この部分の改良は予定されていないということなんでしょうな。

 

 ここの出発時間はこちら。

 

 

IMG_2057s.JPG

 

 

 ここから悪名高き最高な杓子峠越えにかかります。すぐに道は狭窄路になります。前述の通り、急カーブが続く大部分については、谷側ガードレール無かつ路面中央部苔だらけです。前回07号とチャレンジした時は反対方向から進入しており、かつヘロヘロだったのである意味勢いで通過したのですが、今回は変に余裕がある分色々見えるようでなかなかスリリング(汗)。途中その中でも余裕がいくらかでもあった地点で停車し撮影。

 

 

IMG_2061s.JPG

 

 

 緊張状態であるためか、スマホ写真がブレブレ(汗)。

 

 

IMG_2062s.JPG

 

 

 前日納車したばかりのかなり大柄な新車(笑)で、酷道439でもその悪路っぷりで京柱峠と双璧を成すと言われる杓子峠越えをソロでするアホ変人はあんまりいないと思うので、手が震えても当然でしょうか。歌を歌ったりしながら、メットバイザー全開で1〜3速で頻繁にギアチェンジをしながらなんとか杓子峠にたどり着きました。

 

 

IMG_2064s.JPG

 

 

 狭窄路開始部から22分、8.5kmでした。

 

 07号で逆から来た時は晩秋の夕方だったこともあるのか、峠が分かりづらかったですが、旧中村市側から入ると、自治体境の看板が目に入りやすいのですぐに分かりました。

 

 

IMG_2067s.png

 

 

 杓子峠発進時のメーター。見えづらくて恐縮ですが、「2:54、28.8km」です。

 

 

IMG_2069s.JPG

 

 

 ここからは下りになりますが、旧中村市側と比べると気持ち路面状態が良くなりますが、基本「酷道」な439を慎重に降りていきます。

 

 途中やはり余裕が少し持てた地点での撮影。

 

 

IMG_2070s.JPG

 

 

 やはり苔がしっかりと(汗)。

 

 この後も注意全開で走り、やっと旧大正町側に抜けました。<以下3枚 PowerShot G16>

 

 

IMG_0237s.JPG

 

 

 危険な杓子峠越えを示す看板のアップ。

 

 

IMG_0236s.JPG

 

 

 ちなみに前回こちら側から入った時は、ジモッティさんの中型ダンプが快調なペースで走っていて度肝を抜かれました。

 

 しかし、山間が深いので、眺めは素敵なものがあります。

 

 

IMG_0238s.JPG

 

 

 ここでのメーターはこちらです。<以下しばらく iPhone>

 

 

IMG_2071s.JPG

 

 

 これも見えづらくて失礼な「3:09、35.3km」です。杓子峠スタートが2時54分でしたから、15分で到達しています。距離は6.5kmですね。

 

 ここで路面状態のとても悪いクネクネツイスティ狭窄路でのT7号(テネレ700)の感想を。

 

 車高が高く車格の割には軽量なテネレ700。オフ車らしいリーンアウトを生かしたヒラヒラ感な乗り方ができ、かつ低回転域でも粘りのあるエンジン特性と安定感自体はあることもあり、MT−07よりだいぶこういったシチュエーションでは乗りやすい印象でした。07とは同じエンジンのハズですが、この前の市街地インプレ部分でも書いているように、ここでも低回転域での粘りに違いがあるように感じましたね。エンジンマッピングをだいぶ変えてチューニングの方向を異なるものにしているのかもしれません。

 

 少し一休みして再スタート。その際のメーターはこちら。またまた分かりづらくて恐縮です、の「3:16、(当然ですが)35.3km」です。

 

 

IMG_2079s.JPG

 

 

 発進してR381との合流交差点で左折。少し行くと再びR381を左に分けて、439は直進。これまた少し走ると、「延々続く舗装林道状態」になります。杓子峠と違い、1〜1.5車線幅でくねり具合や舗装状態は少し良い状態に。ご覧の通り、田んぼや集落もぽつぽつある中を走り抜けていきます。

 

 

IMG_2081s.JPG

 

 

 途中思いっきり道を間違え、斜面にある集落方面に進入。乗車したままバックしたりしながら空き地を使ってUターン。最初はヒヤヒヤしましたが、慎重にターンすればきちんと向きを変えることが出来ました。

 

 そんなプチトラブルもクリアしながら走行を継続。こちらも07号でのワンデイ439ほぼ完走ソロツーで停車した、都賀ダムのさわやかトイレに到着。

 

 

IMG_2085s.JPG

 

 

 この時点でのメーターはこちら。

 

 

IMG_2083s.JPG

 

 

 杓子峠を越えたR381とR439の交点付近からは都賀ダムまで18分で23.5kmですね。

 

 さらに「舗装林道状態」は続きます。ペースはそこそこだけどコーナーではしっかり減速、を心掛けながらひた走り。下津井の眼鏡橋を左手に見ながらまだ走りまして。途中数キロだけ対向2車線となる梼原町松原集落を通過したら再び「舗装林道状態」へ。

 

 それにしてもT7号、この「舗装林道状態」の439を非常にいいペースで走ってくれます。オフ車らしくクイックなコーナーリングと、必要なだけ取り出せるリニアなエンジンパワーがちょうどよいのか、とっても気持ちがいいです。かといって、いつぞやの試乗で感じたワインディングでのトレーサー900ほどの「かっ飛ばすことへの甘い誘惑」ほどの危険な香り(笑)まではしません。これはいいですね〜!

 

 途中のステキな眺めを満喫。

 

 

IMG_2087s.png

 

 

 その後急停車するT7号。

 

 

IMG_2088s.JPG

 

 

 どうしたどうした。

 

 

IMG_2089s.JPG

 

 

 ありゃあ!439名物の屋外小便器が無くなっとるがぁ!

 

 これが良かったのか悪かったのか、ビミョーな気分を楽しみながら再スタート。WR号でも来たことがあり、前回の07号でのソロツーでも紹介した鈴ヶ森林道入口に到達しました。

 

 

IMG_2098s.JPG

 

 

 この時点でのメーターはこちら。

 

 

IMG_2091s.JPG

 

 

 都賀ダムからは50分、距離は44.4kmですね。

 

 1年半前とは変わらない鈴ヶ森林道の看板と。

 

 

IMG_2092s.JPG

 

 

 歴史を感じさせるこの橋の架設年月(昭和39年12月)と。

 

 

IMG_2094s.JPG

 

 

 美しい四国の川のせせらぎです。

 

 

IMG_2096s.JPG

 

 

 鈴ヶ森林道入口のリスタート時メーターはこちら。

 

 

IMG_2099s.JPG

 

 

 まもなく、「延々続く舗装林道状態」も終わりを告げますから頑張りますよ!でリスタート。この辺りでヤマハの三輪ビッグバイクのNIKENさんと対向してびっくり。NIKENさんもソロだったのですが、軽く会釈を交わして心の中で安全を祈って行き違い。そして津野町(旧東津野村)のR197交点に到着しました。

 

 

IMG_2102s.JPG

 

 

 メーターはこちら。

 

 

IMG_2100s.JPG

 

 

 4時32分の86.9km。先ほどの鈴ヶ森林道入口からは5分。距離は3.6kmでした。

 

 ここでT7号(テネレ700)の1〜1.5車線幅の路面状態は普通な舗装林道的道路を延々と大体40kmくらい走った感想をお伝えします。

 

 まずは、「いや〜、楽しいねぇ!」というのが第一声です。

 

 以前所有していたWR号(09年式WR250R)的な、リーンアウト気味の乗り方がこのような舗装林道的な所に見事にハマるんですよ。個人的には少し腰を引くとより扱いやすくなりグッド。エンジン自体はトレーサーの3気筒エンジンのように「回せ回せ」と言ってくる感じではないのですが、欲しい分だけリニアにパワーを引き出せる感覚が絶妙。そして基本的には同じエンジンの07号(14年式MT−07)より少し元気な分、楽しさもある。扱いやすいのに楽しい、と言ったらいいんでしょうかね。ノーマルシートの出来がいいのは当然変わりませんから、お尻は相変わらず快適で車体そのものはしっかりしているので疲れづらい点も特筆すべき点です。

 

 これはハマりますよ!

 

 ゴマンエツなワタクシを乗せたT7号はリスタート。少しだけR197との重複期間を走った後、再び単独区間へ。左手に四国カルストを見ながら走り、再び狭路になってきましたの図です。

 

 

IMG_2103s.JPG

 

 

 そして矢筈トンネル手前に達しまして。

 

 

IMG_2105s.JPG

 

 

 矢筈トンネルを越えると、狭路区間が終わるもののかなりヘビーなつづら折れの坂道を下り、雰囲気のある街中を通過するとそこは大渡ダムのふもと。高知市と松山市を結ぶR33と合流し高知方面へ少し走ったら、今度は川口の交差点を左折。再びR439単独部分になりますが、道は快適な対向2車線になりまして。再びペースカーが表れ徐行運転をしながら新大峠トンネル(ツーリングマップル83K2)を通過。今度は高知市と愛媛県の西条市を繋ぐR194と合流。左折します。すると過去何度か休憩で立ち寄ったことがある、道の駅633美の里に到着です。

 

 

IMG_2108s.JPG

 

 

 メーターはこんな感じ。

 

 

IMG_2107s.JPG

 

 

 先ほどのR197交点からここ道の駅633美の里までは、1時間10分で距離は66kmになりますか。

 

 閉店間際の道の駅でオクサマお土産用のジュースを買ったりして一休み。リスタート前のメーターです。

 

 

IMG_2109s.JPG

 

 

 ここからも少しだけR194を西条方面へ走った後、再びR194を左に分けて単独部分に進入。相変わらず走りやすい対向2車線路が大部分な中快走。左手に早明浦ダムを見ながら東進を続け、ついに想定していた本日の逆439終点の大豊ICに到着したのでした。

 

 

IMG_2112s.JPG

 

 

 先ほどの道の駅633美の里からは45分、42.8kmでした。

 

 そして。439終点の四万十市R56・R439交点からは4時間32分、距離は193.9kmということになりますね。

 

 T7号の対向2車線の走りやすい快走路での感想です。

 

 車体の安定性も高く、コーナーは気持ちよく曲がってくれるので、やっぱり楽しいですね。この楽しさは、イケイケドンドンでもなく、かといっておとなしいわけでもなく。やはりエンジンの出力特性がいい塩梅でライダーを刺激するんだと思います。総じてこういったシチュエーションでも気持ちよく走ってくれるバイクです、テネレ700は。楽しいですね。気になる点としては、中速域で路面に大きな段差がある時に、フロントサスに大き目な衝撃が伝わることくらいでしょうか。まあ、これも調整機能が付いていますので調整すればよいことですし、そもそもこなれてきたらフロントサスがしなやかになる可能性もあります。

 

 大豊ICで高知道に乗り、行き同様快適に高速道路を走り、夕食を頂くべく豊浜SAに立ち寄りです。<以下1枚 PowerShot G16>

 

 

IMG_0239s.JPG

 

 

 メーターはこちら。<以下1枚 iPhone>

 

 

IMG_2116s.JPG

 

 

 大豊ICから25分、38.6kmでした。

 

 そして瀬戸の夕日がきれいなので、思わず見とれて1枚パチリ。<以下 PowerShot G16>

 

 

IMG_0240s.JPG

 

 

 やっぱり瀬戸の風景は美しいです。

 

 ガッツリ晩御飯は頂くこととして、豊浜SAと言えば、なこちらもデザートとして購入。

 

 

IMG_0245s.JPG

 

 

 ここの純生入り大福は、塩加減もよろしく、とっても美味。大盛の豚生姜焼き定食を食べた後に一つ頂きましたよ。

 

 そういえば、食事を頂いたテーブル付近にはこんな張り紙が。

 

 

IMG_0247s.JPG

 

 

 えらい、えらいぞ!。NEXCO西日本さん。素晴らしい。

 

 それでいい気分になった人間もエネルギーチャージをした後、岡山に向けて発進準備を整えているT7号であります。<以下しばらく iPhone>

 

 

IMG_2118s.JPG

 

 

 やっぱりカッチョ良いです。

 

 そして発進時のメーターは下の通り。

 

 

IMG_2119s.JPG

 

 

 早速本線に合流し、ライトアップが美しい瀬戸大橋を渡ります。この辺りで給油ランプが点灯したので、早島ICを降りた後に自宅近くの毎度のENEOSに立ち寄りました。

 

 

IMG_2123s.png

 

 

 メーターはこんな感じですので。

 

 

IMG_2120s.JPG

 

 

 豊浜SAから岡山市北区野田までは1時間ジャストの86.8kmです。

 

 この後、すぐ近くの自宅まで走行。最後に気を抜かず、無事自宅に無事故無違反無転倒で到着できました。

 

 

IMG_2125s.JPG

 

 

 到着時刻が8時50分ですから、行動時間は14時間10分。総走行距離は585kmとなりました。

 

 気になる燃費は満タン法での計測で最初が28.48km/ℓ、二回目が27.94km/ℓでした。

 

 この日のT7号で気になった点といえば、上にも挙げた「フロントサスの中速域での動きが硬いこと」と、「エンジン熱がエンジンが高い位置にあるせいか、07号(MT−07)より伝わりやすくなっていること」、「クラッチが気持ち重めなことと重心が高めなため、疲れが出るツーリング終盤にこれらが気になることがたまにあること」ぐらい。

 

 重心位置が高く、足付きがいいとは言えないこのバイクですが、安定性は高め。よって、ストップアンドゴーが多い市街地走行でも、停車直前にフラフラするようなこともなく扱いやすいです。

 

 そして一番の長所はどんなシチュエーションでも「急かされることなく、かつダルな感じでもなくいい塩梅な楽しい走り」を「疲れず長く楽しめる」ことではないでしょうか。これは素晴らしい出来のノーマルシートや、走行中は軽さを感じさせるのに安定感も醸し出すシャーシ、欲しいパワーを的確に供給してくれるエンジンなどがうまくパッケージングされている成果かと思います。

 

 是非多くのバイク乗りの方々に楽しんでいただきたいバイクです。きっと楽しいバイクライフがそこには待っている、と言い切ってしまいましょうか。

 

 テネレというバイクに昔から憧れ続けていたため、現車に跨りもせず「WR250R(ローダウンのハイシート仕様)に乗っていたんだから乗れるだろ!」と予約してしまったのですが、自分にとっては大正解でした。

 

 最後に、足付きについては最近はお店によっては展示車があったりしますので、購入を真剣に悩んでおられる場合は、展示車を置いてあるお店に相談して跨らせてもらうのが一番かと思います。

 

 すんばらしく長々長文となりましたが、最後にテネレ700はサイコー!と伝えた上で、そんなT7号をまた1枚ご紹介して、終了とします。<以下 PowerShot G16>

 

 

IMG_0253s.png

 

 

 ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 00:39 | comments(2) | - | pookmark |
ワタクシのテネレ700、本日YSP岡山南に到着!〜足付き写真もあるよ〜

 みなさんこんにちは。相変わらず多忙な毎日なirisno2でございます。

 

 日曜日も緊急出勤2回とちょっとヤメテなワタクシのことを神様が憐れんでくださったのか、本日お馴染みYSP岡山南さんに、ワタクシが待ちに待ったモノが入荷しておりまして。<以下全て PowerShot G16>

 

 

IMG_9971s.JPG

 

 

 それはこちら!

 

 

IMG_9969s.png

 

 

 

IMG_9981s.png

 

 

IMG_9975s.JPG

 

 

IMG_9980s.JPG

 

 

IMG_9978s.JPG

 

 

  今日の開店前に店長さんから電話連絡をいただいていて、昼の時間にお邪魔したワタクシ。店長さんによると、朝の9時半には入荷してました、とのことで。

 

 そしてみなさん気になる、テネレ700ノーマルバージョンの足付き写真をご紹介しますよ〜!

 

 ちなみにテスター(笑)スペックは毎度のご紹介ですが、身長171.1cm、股下80.5cm、体重72.5kgの、小太りなオッサンです。<撮影 店長さん・ご協力サンクスです!>

 

 

IMG_9963s.png

 

 

 足元のアップはこんな感じ。

 

 

IMG_9963s.JPG

 

 

 テスター(再笑)のスペックだと、両足の指の付け根の関節がしっかり接地します。

 

 

IMG_9964s.png

 

 

IMG_9965s.png

 

 

IMG_9973s.JPG

 

 

 写真はありませんが、片足をステップにかけるともう片足はべったり接地。

 

 ローダウン用パーツも車体とは別便で本日入荷したとのことだったので、場合によってはLow仕様にしてもらおうかとも思っていたのですが、不要ですね。

 

 なお、これまた毎度言っていますが、身長だけでは足付きは参考になりません。あくまで股下が何センチかが肝要です。自慢ではありませんが、テスター(またまた笑)は少し足が長め。「身長が同じだから大丈夫!」とは思わず、股下まで参考にしてくだされば、と思います。

 

 そして、ピットに運び込まれた我がテネレ700。お店の皆様の注目を集めておりました。

 

 

IMG_9994s.JPG

 

 

IMG_9997s.png

 

 

IMG_0002s.JPG

 

 

 しっかりと、グレートメカニックMさんの手により、明後日(ひょっとすると明日?)の納車整備が開始されました。

 

 

IMG_0011s.JPG

 

 

 ちなみに店内には、もう一台のテネレ700が。

 

 

IMG_9987s.JPG

 

 

IMG_0014s.JPG

 

 

 このテネレ700は人気のカラーですが。

 

 

IMG_9988s.JPG

 

 

 ご覧の通り値札が付いているということは!!

 

 現在絶賛販売中なんですよ〜!!

 

 オフ大好きの店長さんがくまなくチェックしております、の図。

 

 

IMG_9984s.png

 

 

IMG_9985s.JPG

 

 

 岡山県在住で、テネレ700に興味のあるみなさん。是非是非YSP岡山南さんにお出かけし、現車を確認して見られては。

 

 オフ大好きの店長さんが、丁寧に説明してくださると思いますよ。

 

 ちなみにワタクシ、週末には慣らしツーに出かける予定。レポート記事も上げますので、お楽しみに!

 

 本日は足付きを中心にご紹介しました。

 

 それでは、また。

 

 

| irisno2 | 21:16 | comments(2) | - | pookmark |
ワタクシのテネレ700、納車日が決定!〜発売日が7月31日になっていることについての個人的考察〜

 みなさんこんにちは。今日から金曜日まで、また怒涛の仕事祭りが始まりますぅ、のirisno2でございます。

 

 しかしみなさん。人生辛いこと!?があれば嬉しいことあり!!

 

 先週ヤマハがテネレ700の発売日決定をアナウンスした6月4日の木曜日。夕方テネレ700を予約しているYSP岡山南の店長さんから電話があり、「6月18日にお店に入荷します。納車はどうされますか。」と告げられまして。

 

 昼休みに観たヤマハのサイトでは7月31日が再設定の発売日、となっているのですが、ずいぶん早い入荷だなぁ、とびっくり!

 

 連絡のあった翌日である5日の金曜日は珍しく早く帰れたので、納車日に向けてのスケジュールや納車後の慣らしツーリングの設定を自身の頭で組み立てまして。翌6日の土曜日にはYSP岡山南さんと相談して、6月20日(土)の納車とすることとなりました!!

 

 いや〜、楽しみ楽しみ。

 

 開店直後に納車していただく予定になっているので、その日に県内を回って高速道路を含めた慣らしツーリングを行う予定です。

 

 仕事は超多忙ですが、なるべく早めにレポ記事に仕上げたいと思っていますので、興味のある方はお楽しみに!

 

 そういえば、このテネレ700の店舗入荷日と発売日の大きなずれが、テネレ700関連のSNSやネットで話題となっているようですね。YSPのいくらかの店舗が公式SNSで6月18日もしくは20日頃の入荷を発表しているのに、ヤマハの公式発表では7月31日発売とアナウンスされたワケですからね。

 

 これについて、irisno2的に色々考えた結果、とある仮説に行きついた次第なので、ここで記してみたいと思います。

 

 入荷連絡の時に店長さん曰く「オプションは納期が未定で発売と同時には入荷しません。申し訳ないです。」と言っていたんですよ、確か。ワタクシ的は7月中までは県をまたいだ観光は△マークらしいし、さらにはウワサでは8月に入れば土日もなく馬車馬のように働かないといけないらしいし(遠い目・涙)、オプションでオーダーしているパニアなんかはまぁまだいいかぁ。とノンキに聞いていましたが。

 

 そういや、Low仕様はオプションのローダウンリンクとローシートをお店に納入し、お店でノーマルのテネレに組み込んでLow仕様にするんだったよね〜。

 

 !!!

 

 だから発売日を7月31日にしているのか、とヒラめきましたよワタクシ。

 

 某掲示板やSNSでもワタクシのように6月中旬から下旬に納車されるとお店から聞いている、という方がそれなりにいらっしゃいますが、ワタクシも含めてみなさん、ノーマル仕様での納車をお店にお願いしていませんか?「お店から7月末納車と改めて聞いた。」とか、発表日当日に予約したのに、7月末納車だと言われている。」とおっしゃられる方々。ひょっとして、Low仕様で発注されていません?

 

 つまり、「発売日が入荷日より遅れているのは、Low仕様がすぐには準備できないから。」が理由なのではないかと。

 

 さらに妄想すれば、メーカーとしてはオプションは発売日未定としているものの7月下旬までには各店舗に納められそう、と考えている、ということなんでしょうね、多分。

 

 ワタクシのパニアやセンスタ、さらにはパフォーマンスダンパーもそのころ入荷なんでしょうね、きっと。

 

 外れても責任は取りませんが(笑)

 

 どなたか、Low仕様の予約でも6月中旬から下旬に納車されるという方がいらっしゃれば、教えていただきたいですね。ワタクシの仮説を変更しないといけませんから(再笑)。

 

 なんにせよ、改めて20日が楽しみです。

 

 それでは、また。

| irisno2 | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • テネレ700納車からの翌日即慣らしワンデイツーリング〜ダート以外のあらゆる所を585km走りまして、の巻〜
    irisno2 (06/24)
  • テネレ700納車からの翌日即慣らしワンデイツーリング〜ダート以外のあらゆる所を585km走りまして、の巻〜
    GSX1400 (06/23)
  • ワタクシのテネレ700、本日YSP岡山南に到着!〜足付き写真もあるよ〜
    irisno2 (06/19)
  • ワタクシのテネレ700、本日YSP岡山南に到着!〜足付き写真もあるよ〜
    GSX1400 (06/19)
  • 【意外と話題にならないバイク初心者さん向け情報 曠丱ぅアパレルは、淡色系を避けた方がよろしいか、と。
    irisno2 (05/06)
  • 【意外と話題にならないバイク初心者さん向け情報 曠丱ぅアパレルは、淡色系を避けた方がよろしいか、と。
    beck (05/05)
  • 自身のルーツの島に、23年ぶりに行ってきました〜香川県多度津町の高見島へ(16.10.19)〜
    irisno2 (07/18)
  • 自身のルーツの島に、23年ぶりに行ってきました〜香川県多度津町の高見島へ(16.10.19)〜
    有馬 仙 (07/18)
  • 2017YSP岡山南剣山一泊ツーリング(7月16日、17日)〜その2・剣山スーパー林道に入っても、小ネタは続く〜
    irisno2 (07/19)
  • 2017YSP岡山南剣山一泊ツーリング(7月16日、17日)〜その2・剣山スーパー林道に入っても、小ネタは続く〜
    TAKE (07/19)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode